「フランク三浦」が、ついに自社ムーヴメント開発に成功、歴代最高級モデルに搭載

IGNITE / 2019年2月20日 22時30分

写真

「フランク三浦」の10周年を記念し、最高級セレブモデル・FM11Kシリーズ「頑張るド」がお目見え。

「頑張るド」は日本製、自動巻きローター付き自社開発オリジナルムーヴメント搭載、ラバー加工のイタリアン高級レザー、防水機能付き(但し保証内容に含まず)。

「10年目も頑張っていかなあかんなぁ」という高い志と「フランク三浦」開発グループが英知のすべてを注ぎ込む自社ムーヴメント、そのすべてが明らかになった。

■自社開発ムーヴメントの開発は一流ブランドの使命!

同商品の第一の特長は、日本の職人の魂が宿る「メイドインジャパン」であること。死神の腕を持つといわれる時計業界40年以上のベテラン技師による高度な組み立てを行う。

次に、ローターが高速で回転し、日差1秒以内秒という驚愕の精度を実現させた自社キャリバー「三浦マジック」を搭載。

これは世界で最も大量に販売されているムーヴメントの一つ、セイコーエプソン社の「PC21」を最高の職人の手によってモデファイした。

※搭載されているムーヴメントは自動巻きではなくクォーツになる。自動巻きではない。

■上質のイタリアンレザーベルトを採用。“少し”濡れても大丈夫な防水性能

ベルトには、表面はイタリアの革職人から仕入れた上質のイタリアンレザーに、肌に触れる裏面は汗による劣化に強い上質のラバーを使用。スイスのダイバーウォッチにも多く採用されている、耐久性と質感は最高の仕上がりが実現した。

時計から水分の侵入を防ぐ防水パッキンを搭載することにより、日常生活における防水性能のクリアに成功。普段使いはほぼ問題ないと思っても良い。

■11種類のラインナップ立体スケルトンダイアル
14,000円(税別)

油圧プレスギョウシェダイアル
12,000円(税別)

■「フランク三浦」ブランドヒストリー

400戦無敗を誇る謎の天才時計師が立ち上げた2010年設立のブランド。

「クリスマスに絶対にプレゼントしてはいけない時計No1」に選ばれ、日本国内のブランドの中でも知名度が高い。また、2018年にじゅんいちダビッドソン氏と公式アンバサダー契約を結び話題に。

「フランク三浦」公式サイト
http://tensaitokeishi.jp/

ディンクス
http://www.dinks-watch.com/

(hachi)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング