端麗かつ機能的。フランス産のボックスカーフレザーを表裏に使ったロングウォレット

IGNITE / 2019年3月26日 21時0分

写真

機能的かつ淡麗なデザインが好印象の財布。

メンズ雑貨ブランド TAVARAT (タバラット)では、フランスの名門タンナー・デュプイ社製ボックスカーフで作る長財布の販売を開始。会計シーンを端麗かつスマートに魅せる、フレンチレザーの長財布の誕生だ。

■会計シーンをスマートかつ端麗に

スマートフォンとQRコード決済の隆盛で、キャッシュレス社会化が進む昨今。財布は決してミニマムにばかり進むことはなく、古き良き形ともなりつつあるこの長財布も色あせることはないだろう。

しかし、それでも財布は時代に合わせて変化していくもの。TAVARATはそんな古き良き形を残しながら、使いやすさの導線を考えた仕様になっている。

■使いたいカードをさっと取り出せる形

カードが増え続ける時代は終わりをつげ、今では8枚も入ればOKという声が多い。そこで、使いやすさの導線を考え抜き、カード収納は必要十分の8枚に。取り出しやすさを重視し、使い勝手を向上させた。

とくに見開き右側はカードの重なりをなくし、親指でさっと上に引き出せして使える形に。カードの取り出しに手間取ることなくスマートに会計ができる。

■大事なカードは隠しポケットへ

見開きにはカード収納が6枚しかないが、仕切りのある札入れの片側に設けた2つのカードポケットが付いている。

ここに免許証や保険証など、人目にできるだけ触れたくないカードを収納することができる。これも一つの「スマート」の形と言えるだろう。

■マチ・仕切りつきの紙幣収納
長財布は紙幣の収納がしっかりとできるかどうかが大事なポイント。仕切りを設けた二つのスペースで、スマートに紙幣を収納することができる。

また、見開き右側カードポケット裏にある2か所のフリーポケットには、領収書やチケットなどを分けて収納できるので便利だ。

■フランス・デュプイ社製ボックスカーフ
財布として大事なのは機能性だけでなくその外観。

使用したのはフランスの老舗タンナー、デュプイ社製のボックスカーフだ。多くのハイブランドにも愛されたデュプイ社のカーフレザーを表裏に同色でそろえて使用。嫌味のない高級感が持つ人を端麗に魅せてくれる、そんな長財布に仕立てた。

カラーはブラック、ネイビー、キャメルの3色。

■商品について
サイズ:約191×94×22mm
素材:表地・裏地 / 本革(ボックスカーフ)
収納:札入れ×2 / フリーポケット×2 / カードポケット×8
販売価格:27,800円(税込)

使い勝手の良さにこだわる方には、ぜひおすすめしたい。

公式オンラインストア /
https://www.tavarat.jp/c/wallet/long_wallet/Tps-071

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング