人気装備を“全部入り”したアウディA3の特別限定車は625台のみ

IGNITE / 2019年4月21日 11時0分

写真

フルモデルチェンジの噂があるものの、日本市場には早くても2020年以降になりそうなアウディA3。となれば、熟成極まる今のタイミングで購入するのもアリだろう。4月8日には、人気装備を“全部入り”した特別限定車が登場した。

今回の限定車「A3 S line ダイナミック リミテッド」は、A3スポーツバック 30 TFSI/A3セダン 30 TFSI sportをベースに、S lineパッケージ(38万円)、ナビゲーションパッケージ(35万円)、アシスタンスパッケージ(13万円)などを装備し、スポーティな見た目とストレスフリーな快適性に磨きをかけたモデルとなる。

特別装備は上記のほか、Audi Sport専用の18インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライト&ウオッシャー、通常はS3のみに装備される三分割可倒式リアシート、ルーフレール(スポーツバックのみ)が備わる。

ボディカラーは限定車専用のデイトナグレーパールエフェクトをはじめ、全4色から選べる。

パワートレーンは、1.4Lの直噴ターボ(122ps/200Nm)+7速Sトロニック+FF(前輪駆動)。洗練された加速フィールや変速マナー、高い静粛性などは、まさにプレミアムコンパクトの名に相応しい。

ボディサイズは、ハッチバックが全長4,325×全幅1,785×全高1,435mm、セダンが全長4,465×全幅1,795×全高1,390mm。全幅1.8m以下のボディは、狭い道でのすれ違い時などでのストレスが少ない。

価格はスポーツバックが460万円(限定375台)、セダンが479万円(限定250台)。

(zlatan)

画像元:アウディ ジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング