神田明神とのコラボ品も!ジブリ約3年ぶりの東京展覧会 「鈴木敏夫とジブリ展」開幕

IGNITE / 2019年5月3日 19時0分

写真

スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会『鈴木敏夫とジブリ展』が、約3年ぶりに東京・神田明神に新設された文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールおよびその周辺エリアで5月12日(土)まで開催中だ。

©TS ©Studio Ghibli

■「鈴木敏夫とジブリ展」とは
一昨年と・昨年、広島・名古屋・金沢で開催し、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップした展覧会である。会場には鈴木氏が書き下ろした書やイラストをはじめ、東京会場で初お披露目となる新展示「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」や映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」の巨大立体模型などが登場。さらに、会場となる神田明神とスタジオジブリがコラボレーションした授与品が登場するとともに、オリジナルメニューや会場限定グッズの販売も行われる。

©TS ©Studio Ghibli

©TS ©Studio Ghibli

■ 新展示初公開!湯婆婆と銭婆が人生&恋愛の悩みに助言をくれる”開運・恋愛”おみくじが登場!

東京会場で初お披露目となる新展示は、約3メートルの超巨大な湯婆婆と銭婆が様々なお悩みにアドバイスをする、「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」。湯婆婆は“恋愛”について、銭婆は“開運”について、ありがたいお言葉を授けてくれる。湯婆婆と銭婆それぞれの口の中に手を入れて番号が書かれたお札を引き、その番号が書かれた薬棚から、おみくじを取り出す仕組みだ。種類は、“恋愛”、“開運”共に13種類の計26種類。

おみくじには、鈴木氏が書き下ろした言葉と、それにまつわる鈴木氏からの解説つきで、鈴木氏からのメッセージとしても持ち帰れるようになっている。

©TS ©Studio Ghibli

湯婆婆と銭婆の開運・恋愛おみくじ

高さ3メートルにも及ぶ、超巨大「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」の迫力を、是非会場で体感してほしい。鈴木敏夫の言葉の魔法は、あなたの心にも響くのか?

■ 展示内容(一部)
<少年期~青年期 鈴木敏夫になるまで>

©TS ©Studio Ghibli

終戦から3年が経った1948年の夏に誕生。愛知県名古屋市で、既製服の製造販売業を営む父の元で誕生。自宅は父親の仕事場も兼ねていたため、母親や従業員も10人ほどと一緒に生活を共にし、鈴木氏も物心ついたときから仕事を手伝っていた。小学生時代は、公園で仲間たちと活発に遊びまわる一方、漫画と小説、映画の魅力に夢中に。鈴木氏の想像力は、戦後の大衆文化の中で育まれていった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング