自然豊かな安曇野に佇む人気そば店「そば処 時遊庵 あさかわ」

IGNITE / 2019年5月25日 11時0分

写真

安曇野ののどかな風景の中に佇む「そば処 時遊庵 あさかわ」。

店舗のある通り沿いに駐車場があるが、特に休日は車での来店が多いため開店前には満車になるほどの人気店だ。営業は昼のみで、売り切れ次第終了。

趣きのある店舗に足を踏み入れると待合室で、絵画などが置かれギャラリーのよう。待合室から庭に抜けられる造りで、四季折々の草花が楽しめる1,000坪ほどの庭が店の裏に広がる。

待ち時間が長そうなら待合室で流されている映像を鑑賞して時を過ごすか、庭の散策も愉しい。

客席はテーブル席、お座敷などいくつかに区切られており、それぞれに大きな窓から緑多い景色が眺められる落ち着いた空間。

さほど待ったような気がしないうちに、右手の小上がりのお座敷に案内された。

テーブルには、表紙から品名まで温かみを感じる手書きのお品書き。

天ざるをオーダーして熱いそば茶をいただき、一緒に出された香の物をつつきながらしばらくの間待つ。そのうちにそばのお薬味の小皿、天ぷらの薬味の小皿、こんもりと盛られたそば、天ぷら、そばつゆと天つゆが運ばれる。そばつゆと天つゆが別のためテーブルは所せましと器で埋まる。

そばの盛られた器は漆塗りの漆器が使用され、ざるとの間に庭から調達したのであろうモミジの葉やヒペリカムがひと枝が飾られており風情が感じられる。

そばは細いがコシがあり、そばの香りがふわり。

海老や野菜、山菜などの天ぷらは揚げたてでサクッとした衣が軽く美味しくいただける。

食事中に出されるそば湯はとろとろと濃厚。

店のおすすめは、「わさびの花芽・茎 薬味 ざるそば」、ざるそばの上にわさびの花芽ととろろがたっぷりとかかる「雪花ざるそば」。水のきれいな安曇野だからこそのわさびの花芽が名物でもある。

7月になれば庭にヤマアジサイやそばの花が咲くという。また訪れたい場所である。

住所:長野県安曇野市穂高有明8053-4

(小椚萌香)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング