レクサス「RC F」がマイナーチェンジ。超高性能パッケージも新設定!

IGNITE / 2019年5月20日 8時0分

写真

昨年10月にマイナーチェンジを受けたレクサスのスポーツクーペ「RC」に続き、その高性能版たる「RC F」が初めてのマイナーチェンジを受けた。

今回のトピックスは、エンジン出力の向上や大幅な軽量化、そして“F”の決定版ともいえる“パフォーマンス パッケージ”の設定だ。

新型レクサス RC Fでは、大排気量5.0LのV8自然吸気エンジンの出力を向上。最高出力は従来から+4psの481ps、最大トルクは同じく+5Nmの535Nmへと引き上げられている。

数値的には決して大きくはないものの、従来型から約20kgの軽量化や、エアクリーナー形状やスロットル制御の改良によるアクセルレスポンスの向上も相まって、そのフィーリングはよりリニアで軽快になっている。

また、エンジンマウントやサスペンションメンバーなどの剛性を高めるとともに、ローンチコントロールや専用設計のスポーツタイヤなども新たに採用した。

エクステリアは空力特性を高める方向でブラッシュアップ。具体的には、フロントスポイラーのコーナーにカナード(航空機の先尾翼)形状を採用してダウンフォースを向上させたほか、前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けたり、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることで空気の圧力や乱気流を低減している。

そして、サーキット走行を想定した“パフォーマンス パッケージ”は、誰が見てもわかるほどに戦闘力の高さを誇示している。

もちろん見た目だけではなく、軽量化や空力特性もさらに昇華した。具体的には、CFRPを用いたカーボンエンジンフードやルーフ、フロントスポイラー、大型ロッカーフィンを採用したほか、軽量鍛造アルミホイールやチタンマフラーを装着。さらに専用装備となるカーボンパーテーションブレース、カーボンセラミックブレーキ、固定式のカーボンリヤウイングを採用し、従来型から実に約70kgもの軽量化を実現しているという。

まさに限界域でこそ秘めたる実力を発揮する超高性能パッケージだ。

■グレードおよび価格
RC F=1,021万0,909円
RC F “カーボン エクステリア パッケージ”=1,099万6,364円
RC F “パフォーマンス パッケージ”=1,404万円

(zlatan)

画像元:LEXUS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング