トミー ヒルフィガーがTOMMY HILFIGER ADAPTIVEコレクションを日本で発売開始

IGNITE / 2020年3月27日 8時0分

写真

TOMMY HILFIGER ADAPTIVE(トミーヒルフィガーアダプティブ)は、障がいのある大人と子どものためにトミー ヒルフィガーが脱ぎ着をしやすくした機能を加えたコレクション。全米のみで展開されていたが、2020スプリングコレクションからいよいよ日本に上陸する。

障がいのある大人と子どものためのアパレルコレクション

Tommy Hilfiger Adaptiveは、TOMMY HILFIGERの他のコレクションと同じく、流行に左右されないアメリカンクールスタイルに、ブランドならではのツイストをデザインに加えている点が特徴だ。

TOMMY HILFIGERは、最も重要なテーマとしてダイバーシティ&インクルージョンの促進に取り組んでいる。その一環として誕生したTommy Hilfiger Adaptiveは、脱着のしやすさ、車椅子ならではの服の悩みや困りごとや、義足や義手などの装具への対応を考慮し、生活をよりしやすくすることに重点を置いてデザインされている。

世界中で、10億人を超える人びとが障がいとともに生活している。例えば「毎日服を着る」などの健常者にとっては当たり前のことが、彼らの悩みや困りごととなっている。こうした悩みを耳にしたり、自身が自閉症の子どもの子育てをしたりというトミー・ヒルフィガー本人の経験をもとに、デザインのプロセスが組み立てられた。

米国のみで発売されていたTommy Hilfiger Adaptiveが、今後日本、ヨーロッパ、オーストラリアでも発売が開始されることになった。より多くの国の人びとが、それぞれのニーズに応じた機能性に、ファッショナブルと着心地のよさが加わったアイテムを手にする機会が増えそうだ。

■2020年春のTommy Hilfiger Adaptiveコレクション

注目のメンズアイテムは、ブランドのヘリテージカラーパレットを取り入れたカラーブロックジャケットと、チェック柄のシャツと相性のよい、パステルカラーを配したネイビーのジップアップジャケット。

■利便性を考えた機能

Tommy Hilfiger Adaptiveの各アイテムには様々な機能がある。

マグネットを使用し、つまみ部分を大きめにデザインされたジッパーは、細かい手先の動きが苦手な方のために開発された。フロント部分を低くした車椅子用のパンツ、トップスの脱ぎ着をより簡単にするネックラインに取り入れられた開閉機能。そして、ドローコードやゴム仕様のプルアップループでボトムスをより引き上げやすくした。また、このコレクションでは、着心地が悪くなる原因のひとつであるポケットが排除されている。

個々の障がいによってファッションにおけるさまざまな困難が生じていることを、健常者は想像したことがないかもしれない。トミー・ヒルフィガーの試みは、機能性とファッション性を両立させて誰もが好きな装いを選べるようになるためのきっかけづくり。より多くのブランドやデザイナーがダイバーシティ&インクルージョンに目を向けたら、ファッションを楽しめる人が増えることは間違いない。


発売:2020年3月27日(金)から公式オンラインストアにて販売開始

URL:https://japan.tommy.com/tommy-adaptive/

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング