和牛オリンピックを受賞した宮崎牛を【ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ】で堪能

IGNITE / 2020年9月16日 17時45分

写真

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイでは、「鉄板焼 匠」にて、 3年連続内閣総理大臣賞を受賞した宮崎牛とみやざき地頭鶏を堪能するランチおよびディナーコースが登場。

■世界のVIPをもてなしてきた料理長が作る鉄板焼き
「ヘルシー(健康)、ビューティ(美しさ)、フレッシュ(新鮮)」をもとに、オリーブオイルで調理する鉄板焼。

「料理長 特選食材」「匠の技」「おいしい」が競演する、世界のVIPをもてなしてきた経験と技を具えた、料理長 馬原雄一によるヘルシーな鉄板焼が楽しめる。

最高の和牛を堪能するディナーに、大切な人を誘ってみては。

■宮崎牛の特徴とは
全国和牛能力共進会(和牛オリンピック)で数々の賞を受賞してきた宮崎牛の最大の特徴は、その肉質と霜降りの良さにある。

肉全体に散りばめられたキメの細かな霜降りがもたらすジューシーで柔らかな脂肪は、芳醇なコクがありながらもしつこくなく、口の中でさっぱりと溶け出す。

料理長馬原の知人が経営する宮崎県児湯郡新富町の「壱岐ファーム」を訪れ、その肉質の良さに惚れ込み昨年の秋にも実施、好評につき今秋も提供する運びとなった。

■宮崎牛ランチ&ディナーコース
ロースを職人の技で丁寧に焼き、匠特製付けジュレなど数種の調味料で味の変化が楽しめる。

また、柔らかく歯応えと旨味たっぷりの肉質が特徴のみやざき地頭鶏をグリルし、ランチではサラダ仕立てで、ディナーでは前菜の一品として柚子の風味とともにお届け。

さらに、ディナーでは新鮮な伊勢海老の半身をグリルし、宮崎産の日向夏のソースを添えて提供。

〆の食事では、宮崎のご当地グルメ「肉巻きおにぎり」を匠スタイルで用意し、宮崎を思う存分楽しめるコースにアレンジしている。

■メニュー
「匠 宮崎牛ランチコース」¥10,000
食後にプティ・ガトーワゴンが付いた気軽なコース。
「地頭鶏(じとっこ)のグリル サラダ仕立て」や、肉料理には「壱岐ファームより 宮崎牛ロース80g ~匠 特製コラーゲン入りジュレで~」が味わえる。

「匠 宮崎牛ディナーコース」¥20,000
宮崎牛に加え「地頭鶏のグリル 柚子香る餡仕立て」や「活伊勢海老(半身)のグリル 宮崎県産"日向夏"ソースを添えて」など、宮崎の食の魅力が詰まった豪華コース。

※いずれもサービス料、税金別

豪華な鉄板焼きで、宮崎の美味しさを堪能したい。

場所:鉄板焼 匠 / 1F
期間:2020年11月30日(月)まで
URL:宮崎牛ランチ&ディナーコース

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング