”BAPE®BLACK”ナバホ族にインスパイアされた2020AWコレクション

IGNITE / 2020年10月4日 21時0分

写真

秋冬コーデを格上げするハイエンドな新作コレクションが登場。

BAPE® BLACK (ベイプ ブラック)は、2020年9月26日(土)に2020年AWコレクションを発表すると同時に、他ブランドとのコラボレーションを通じ、彼らの華やかさとアーティスティックな感性を様々な分野に向けて発信していく。

■ナバホ族からのインスピレーションを強く受けたコレクション

今回のコレクションはナバホ族からのインスピレーションを強く受けており、ナバホ族のユニークなパターンや半遊牧的なライフスタイルの要素が随所に散りばめられている。ナバホ族は北米に現存するネイティブアメリカン最大の部族で、カラフルな三角形やダイヤモンド、ラインを特徴とする独特の部族模様は、彼らの織ったラグやポンチョによく見られる模様だ。

20AWコレクションでは、BAPE® BLACKを代表するApe Mad Faceとナバホ族にインスパイアされたシェイプを巧みに織り交ぜ、本格的なナバホ族の特徴を生かした現代的なデザインに仕上げられている。

■今シーズンのキーとなるトライバル柄

パーカーやプルオーバー、長袖スウェットの肘やフロント部分に今シーズンのキーとなるトライバル柄を手刺繍で表現。注目のアイテムは、BAPE® BLACKのデザインとトライバル柄をニットにしたカーディガンだ。

流れるようなシルエットはナバホ族のポンチョを彷彿とさせ、アーストーンの配色は部族の鮮やかなデザインを元に仕上げられている。カスタムメイドのメタリックボタンも、洗練された素材のみを使用するというBAPE® BLACKのこだわりを感じるポイントだ。

■MADE IN JAPANのコレクションピース

ブランドを代表するフード付きジャケットやスウェット、Tシャツは引き続きダークカラーを基調としている。スワロフスキーをあしらったApe Mad Faceのデザインがアクセント。これら一つ一つのコレクションピースは、ハンドメイドで作られており、MADE IN JAPANとなっている。

大胆で無骨なラインは925シルバーアクセサリーにも影響を与えており、トーテムパターンとアイコニックなApe Mad Faceモチーフを融合させたリングやブレスレットも登場。

■コラボレーションによりファッションの枠を超えた芸術性を表現
BAPE® BLACKは、ファッションの枠を超えた芸術性を表現するために、常に他ブランドとのコラボレーションを行っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング