“日の入り”とともに味わうローアルコールカクテルと「都心の絶景」

IGNITE / 2020年10月14日 18時0分

写真

涼しさを感じられるようになった秋の夕暮れ。
築地と豊洲の高層階レストランで、“都心の絶景”とともに愉しめるオリジナルローアルコールカクテルを味わってみては。

■築地と豊洲の高層階テラスで愉しむ、優美でスローライフな秋

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス36階の「ザ ペントハウス ウィズ ウィークエンド テラス(以下ペントハウス)」と、築地の聖路加ガーデン47階の「レストランルーク ウィズ スカイラウンジ(以下レストランルーク)」は、いずれも美酒美食とともに、高層階の開放的なテラスから都内を一望する最強のロケーションを有するレストラン。

レストランルーク ウィズ スカイ ラウンジ

ザ ペントハウス ウィズ ウイークエンド テラス

このふたつのレストランのディナータイムでは、シーバスリーガルが主催するバーテンダーコンペティション「シーバスマスターズ・カクテルコンペティション」の「シーバスミズナラマスターズ2018」優勝者の本庄健太がプロデュースしたオリジナルローアルコールカクテル「Tramont(トラモント)」を期間限定で販売する。


■シニアソムリエ本庄健太がプロデュースした「Tramonto」の特徴

トラモントは、イタリア語で“日の入り”を意味する。グラス下部には沈む夕日を表現した。

使用しているのは、東京23区唯一の酒蔵である「東京港醸造」で作られる地酒「東京梅酒」。時間の経過とともに、夕日のオレンジと空の水色を混ぜ、夕暮れから夜に近づいていく色合いの変化も楽しめる。

モダンイタリアンを提供する2店舗の料理に合うよう、柑橘やハーブのエッセンスを抽出したトニックウォーターを合わせた。梅酒の甘みや酸味に、トニックウォーターの苦味も合わさり、立体感ある味わい。

ローアルコールカクテルなので、“アルコールで酔う”のではなく、“カクテルも含め場の雰囲気に酔いしれる”時間を愉しめるドリンクだ。

■ローアルコールカクテル「Tramonto」とともに味わう オススメの料理

アルコール度数が低いローアルコールカクテルは料理とのマリアージュをゆっくり楽しめるのも魅力。

【ペントハウス オススメの一品】

「24ヶ月熟成 パルマ産のプロシュート」1,000円

プロシュートの辛味や塩味、熟成された風味が、「トラモント」の甘みや苦味と合わさり味わいがより深まる。

【レストランルークで夜長を味わえるオススメのプラン】

秋の味覚を楽しめる「秋テラスプランコース」とのセットプラン(オリジナルローカクテルと愉しむ秋の味覚7品&ホットワイン等フリードリンク・7,600円)。

沈む夕日を五感でゆっくり味わった後、コース料理を楽しむのもオススメ。

秋の気配を感じたら、都会の夜景をアートなカクテルとともに愉しんでみたい。

THE PENTHOUSE with weekend terrace(ザ ペントハウス ウィズ ウイークエンド テラス)

住所:東京都江東区豊洲2-2-1 三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス36階
URL:https://restaurant-penthouse.com/

RESTAURANT LUKE with SKY LOUNDGE(レストランルーク ウィズ スカイ ラウンジ)

住所:東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン 47階
URL:https://www.restaurant-luke.com/restaurant.html

※価格は税込み

(MOCA.O)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング