ヨックモックミュージアム開館!館内カフェで楽しむ限定スイーツ

IGNITE / 2020年10月29日 18時0分

写真

「シガール」などで有名なヨックモックの美術館が、いよいよ南青山にオープン。

ピカソの作品に想いを寄せたスイーツなど、カフェにも注目したい新スポットの誕生だ。

ヨックモックミュージアムでは、限定のミニャルディーズ「ヴァローリス」を、開館当日の2020年10月25日(日)より館内カフェ「ヴァローリス」で発売開始。

■ピカソがセラミック制作に没頭した南仏がテーマ
ピカソがセラミック制作に没頭した南仏の町ヴァローリス周辺で有名な地方菓子“カリソン”をモチーフに、ハーブや柑橘類などを使ってコート・ダジュールに思いを馳せるミニャルディーズが登場。

ミュージアムを楽しんだ後に利用すれば、ピカソが精力的に創作活動を続けたコート・ダジュールの余韻に浸りながら、再び五感で南仏の魅力が感じられるだろう。

■ヨックモックミュージアム限定「ヴァローリス」
ピカソが精力的にセラミックを制作した南仏の町“ヴァローリス”にちなんで名付けた、ミュージアム限定のミニャルディーズ。

香ばしいアーモンドのジョコンド生地を土台とし、果実味が凝縮されたドライフルーツをちりばめたヌガームースの上に、ローズマリーやピンクペッパーをきかせた白ワインでコンポートしたアンズを乗せ、爽やかな酸味のレモンムースで包んだ。表面はキャンバスに見立て、アンズや赤すぐり、カシスなどで1つ1つ丁寧に色付けをし、美しい佇まいに仕上げている。

アートを感じる見た目のみならず、南仏を感じる様々な素材の香りや食感も楽しむことができ、ピカソが過ごした“ヴァローリス”に、時空を超えてショートトリップできる逸品だ。

価格:550円
ミニャルディーズ セット:1,100円
販売場所:ヨックモックミュージアム 1階 カフェ ヴァローリス

■ヨックモックミュージアム ミニャルディーズ8種
季節ごとのフルーツタルト「タルト フリュイ」(​470円)や、季節の柑橘類のタルト「タルトアグリュウム」(450円)、様々な素材を緻密に重ねて奥行きを出した大人のチョコレートケーキ「ティト ショコラ」(520円)など、「ヴァローリス」意外にも美しいケーキが並ぶ。

■ヨックモックミュージアムについて
30年以上かけて集めた、ピカソのセラミック作品などのヨックモック・コレクションを中心とした美術館。

ヨックモック・コレクションは、ピカソのセラミック作品のエディションを数多く包括的に収集した、世界で有数のコレクションのひとつ。お椀、水差し、食器、大皿といった、エディションとして生産された多岐にわたる容器や優れた大型の作品の全てが含まれており、ピカソの粘土を通じた創造の比類なき記録を示すものとなっている。

※「エディション」とは、南仏の町ヴァローリスにあるマドゥラ工房で、ピカソが熟練した職人たちと協働し創り出した作品のこと。

ピカソの作品のようなミニャルディーズとともに、素敵な時間を過ごしてみては。

※表示価格は全て税込

【ヨックモックミュージアム】
住所:東京都港区南青山6丁目15-1
アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩12分
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間 ※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日
URL:https://yokumokumuseum.com

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング