軽井沢プリンスホテル イースト・信州ワイン&温泉のおこもりプラン発売

IGNITE / 2020年11月20日 21時0分

写真

信州のワインが楽しめる、1日3室限定のプランが登場。冬のホテルでおこもりを楽しんでみては。

■1日3室限定のスペシャルなプラン

軽井沢プリンスホテル イーストでは、冬には氷点下の気温になる軽井沢での冬旅を、からだの内側と外側から温める「Good Nightワインプラン」を12月に発売する。

ホテル併設の天然温泉施設「フォレスト ホット スプリング」での入浴に加えて、このプランならではの特典として「千曲川ワインバレー」のワインボトルと長野県の食材等を取り入れた「おこもりオードブルボックス」が部屋へ届けられる。

千曲川ワインバレーの信州ワインを部屋で楽しみながら、冷えたからだを外側と内側から温めてゆったり過ごす、おこもりホテルステイが愉しめる。

■「フォレスト ホット スプリング」で、からだを外から温める

「フォレスト ホット スプリング」はホテル敷地内よりくみ上げた天然温泉を使用。内湯、露天風呂、スチームサウナのある「温泉ゾーン」からは、四季折々に趣を変える美しい森が見られる。

軽井沢プリンスホテル イーストに併設しているため、イースト本館ツインルームの宿泊者はホテル館内を出ることなく、滞在中いつでも何度でも温泉を利用可能だ。

■「アルカンヴィーニュ ルージュ2017」で、からだの中から温める

温泉で温まった後は、部屋でワインタイム。

長野県が地域の特徴を生かしてワイン産業の振興に取り組んでいる「信州ワインバレー構想」のひとつである、「千曲川ワインバレー」のワイナリー「アルカンヴィーニュ」の赤ワイン「アルカンヴィーニュ ルージュ2017」が部屋に届く。

「アルカンヴィーニュ ルージュ2017」は、地域の農家や地元農協から供給される原料を使用したワインを醸造するワイナリー「アルカンヴィーニュ」の中でも、長野県産メルローを主体に巨峰やブラッククイーンをブレンドした、鮮やかな色の赤ワイン。プラムの爽やかな香りや、若い樹木のような香りを感じられる。

「おこもりオードブルボックス」をお供に、長い夜をじっくり楽しめそうだ。

■ショッピングにも便利な軽井沢プリンスホテル イースト

軽井沢プリンスホテル イーストは、軽井沢駅より徒歩約10分、車で約2分の立地にあり、軽井沢・プリンスショッピングプラザとも隣接しているため買いものにも便利なホテル。「Good Nightワインプラン」では、人気の「All Day Dining Karuizawa Grill」での朝食も楽しめる。

森の美しさを眺めながら、都会にはないゆったりとした時間を過ごそう。

軽井沢プリンスホテル イースト「Good Nightワインプラン」概要
<宿泊期間:12月4日(金)~2021年3月31日(水) ※除外日あり
料金:2名1室利用時 1名¥25,705より(1泊限定)
公式サイト:https://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング