災害時に活躍する自転車が登場!軽量で折りたたみが簡単な『防災する自転車II(ツー)』発売

IGNITE / 2020年11月27日 22時0分

写真

Withコロナ時代の移動には、ソーシャルディスタンスを保って自転車に乗るのが便利。しかし災害が起これば、やはり道路は悪路となり普通の自転車では役に立たない。

Withコロナ時代の移動手段として注目したいアイテムが「防災する自転車II(ツー)」。電動アシスト自転車ながら、軽く・小さく・折りたたみが可能な優れものだ。

■備えて暮らす快適自転車「防災する自転車II(ツー)」

防災する自転車2 SEISHOPオリジナル トランスモバイリー・ネクスト163

138,000円+税

●災害時に役に立つ

「防災する自転車II(ツー)」は、災害時に役立つ機能を備えながら、街乗り自転車として普段から使用できるのがポイント。

●スマホの充電手段に

「約1秒」で取り外し可能な脱着式バッテリーを搭載しており、取り外してUSB出力端子から携帯電話等の充電が出来る。

●災害時の移動手段に

パンクの心配がないので、災害時のがれきや小石の多い悪路も走破可能。渋滞や通行止めが発生し自動車での移動が難しい災害時の移動手段として最適だ。普段から車を保管場所にしておけばもしもの時も安心。

●懐中電灯に

バッテリー先端部分にはデュアルヘッドライトが付いているので、自転車から取り外して懐中電灯としても使用が可能だ。

●毎日の通勤・買い物を快適に

東日本大震災や新型コロナウイルスの流行をきっかけに自転車通勤する人が増えている。片道10キロ20キロの距離を通勤したり、坂道の多い近所へ買い物に行ったり、そんな日々の生活を快適にする。超軽量で折りたたみが出来るので、オフィスや自宅など室内で保管できることも安心だ。

●旅先で散策を楽しむ

電動アシストながら超軽量で折りたたみが出来るので、車のトランクに積んだり、電車や船に持ち込んで、旅先に持って行くことも。旅先で風を感じながらカフェやレストランへ移動したり、小道を通って散策をしたり、旅行をもっと楽しいものにしてくれるだろう。

魅力満点の「防災する自転車II(ツー)」。Withコロナ時代の注目アイテムとなりそうだ。

商品ページ:https://www.seishop.jp/equipments/bike/

(IKKI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング