規格外の生鮮食品を商品化、食品ロスを減らすECサイト

IGNITE / 2020年12月24日 10時0分

写真

冷蔵庫の中で消費期限を超えてしまった食材や、レストランでの食べ残し。私たちの身の回りにも、目に付く食品ロスは必ずある。

社会課題である「食品ロス(フードロス)」削減を目指すECサイトが開設された。

■加工段階の厳しい基準が生む食品ロス

世界では、飢餓による問題が深刻になっている。貧困や紛争など様々な要因で食糧が得られず、栄養不良などを起こしている人がたくさんいる。

またその一方、生産された食糧を消費しきれず廃棄せざるを得ない「食品ロス」も、先進国をはじめ多くの国で起こっており、問題視されている。

「食品ロス」の原因としてまず挙げられるのは、需要を越える量を生産してしまう過剰生産。そして、コンビニやスーパーでの期限切れによる廃棄など。

さらにもう一つの大きな原因として、加工段階での基準が厳しすぎて、これに満たない生鮮食品が廃棄となっていることも挙げられる。

ロハスフェスタでは300個が完売したピーナツバターも。

■基準に満たない生鮮食品の”価値”を見出す

ECサイト「TT and Field」は、形や大きさなどが基準に満たない生鮮食品の”価値”を、商品化することで見出し、社会課題である「食品ロス(フードロス)」の解決を図っていく。

“TT”は、「Tie tightly」を略語化したもので、生産者と消費者を結ぶという意味が込められている。TT and Fieldでは、農家が使用しないもの、使用できないものを商品化し、価値を提供する取り組みを行っている。

■TT and Fieldのお勧め商品

国産手摘みピーナッツバター

国産手摘みピーナッツバター:¥800

塩や砂糖や油が入ってない無調整。農園で手摘みされた国産、農薬不使用の落花生を100%使用。落花生のおいしさを味わうためのピーナッツバター。パンに塗るだけでなく、菓子作りや味噌汁に入れたり、焼きおにぎりにしたり、坦々麺の隠し味にしたりと調味料としても好評だ。

無添加国産いちごバター

無添加国産いちごバター:¥800

農林水産大臣賞受賞の国産いちごを使用した、無添加のいちごバター。いちごジャムとは違う、しっかりといちごのフレッシュさを味わえる逸品。子供からも大人気の商品。

いちご畑の天然はちみつ

いちご畑の天然はちみつ:1本¥1,000

三重県多気郡多気町のイチゴ農家で、受粉用に飼育している蜂から採れる蜂蜜。巣から蜂蜜を絞り濾過したものをそのまま瓶詰めしており、90度を超える高い糖度を保つ。日本で販売される蜂蜜の90%近くが海外製であり、日本製の蜂蜜は希少性がある。

購入して食べることで、生産段階の食品ロスを軽減する手助けができる。「TT and Field」の取り組みは興味深く、そして意義深い。

ECサイト:https://ttandfield.theshop.jp

※価格は税込

(冨田格)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング