1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

世界的コンクールの受賞酒も!オンラインセミナー付き日本酒定期便「Sakeist Box」

IGNITE / 2021年8月30日 23時0分

写真

自宅で気軽に日本酒を堪能したい。日本酒・焼酎プラットフォーム「Sakeist」を運営するKhariisは、フランスのソムリエが解説するオンラインセミナー付き日本酒定期便「Sakeist Box」をリニューアルした。

毎月3,300円から利用可能

■Sakeist Boxの特徴

フランスの日本酒・焼酎コンクール「Kura Master」の審査員長も務める、パリの「ホテル・ド・クリヨン」(5つ星)のシェフ・ソムリエ、グザヴィエ・チュイザ氏がプレゼンテーションやテイスティングを通じて、日本の酒蔵や日本酒の魅力、料理とのペアリングの提案を語るセミナーを聴きながら、事前に届くコンクールなどでも認められた日本酒が楽しめる。

毎月グザヴィエ氏が選んだ酒蔵(1蔵ずつ)から厳選した720mlの日本酒が1、2本届き、グザヴィエ氏と蔵元とのオンライン・テイスティング・セミナーも毎月最終木曜日の夜にライブにて行われる。

酒蔵のラインナップは全て日本だけでなく、世界の日本酒市場でも著名な蔵ばかり。そして、サブスクリプションではなく、毎月気になるプランを都度購入できるシステムなので、気軽に体験できる。

・スタンダード1本プラン
価格:3,300円(税・送料込み)
720mlの日本酒1本

・スタンダード2本プラン
価格:5,900円(税・送料込み)
720mlの日本酒2本

・プレミアムプラン
価格:8,100円(税・送料込み)
純米大吟醸などを含む、720mlの日本酒2本

■日本酒コンクール受賞酒も登場

9月は、2021年の「Kura Master」純米酒部門でTop16に選出され、フランス限定で販売されているラベルの、田中酒造場(兵庫県・姫路市)「Château Shirasagi 65」(シャトー・シラサギ65)を特別にどのプランでも届ける。

今後のラインナップとして、150年以上栃木県で酒造りを続けている「惣誉酒造(栃木県)」や、第2回目のKura Masterで最高のプレジデント賞とプラチナ賞のダブル受賞をするなど、若手が次世代を担う「中野酒造(大分県)」、海軍の練習航海にて220日あまりの航海中、何度も赤道を通過したにも関わらず品質が劣化しなかったエピソードを持つ「三宅本店(広島県)」などが登場予定。

■セミナー講師:グザヴィエ・チュイザ氏について

フランスの銘醸ワイン産地、ブルゴーニュ地方出身。3つ星レストランなどを経て、2017年1月より、5つ星ホテル、「ホテル・ド・クリヨン」のシェフ・ソムリエ。日本人の妻の言葉をきっかけに日本酒に出会い、ワインにはない酸や苦味のある日本酒に「一瞬で恋に落ち」(本人談)、日本の酒蔵も訪問。

酒蔵が減少し続ける現状に自分も力になりたいと思い、2017年に日本酒コンクール「Kura Master」を立ち上げ、以降毎年、審査員長を務める。

世界的な日本酒コンクール、IWCやKura Masterなどの受賞酒も届くので、試してみては。

URL:https://sakeist.square.site

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング