1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130】 オータムフェスティバル開催

IGNITE / 2021年9月13日 18時30分

写真

秋だからこそ楽しめる軽井沢へ出かけてみよう。

「軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130」では、9月18日(土)より、食とアートを題材とした「オータムフェスティバル」を開催。10月31日(日)まで、秋の限定メニューを販売中。

■地元の新鮮な食材を使用した料理

フレンチレストラン「ラ・ベリエール」、日本料理「やまぼうし」、嬬恋TANTO(ブッフェ)では、日本有数の生産量を誇る嬬恋高原のキャベツなど、厳選した地元食材を活かした料理を提供。

この秋しか食べられない限定メニューが勢揃いする。

・秋の食とアート・信州北軽井沢 地産地消・季節のフレンチコース

コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」は、フレンチをベースに、嬬恋産高原野菜をはじめ、旬の地産の食材をイタリアンや和のテイストを織り交ぜながらコーディネート。

信州・上州・嬬恋の地産地消をコンセプトに、また、古くから語り継がれる伝統のフランス料理を再現した秋限定のメニューだ。

・秋の食とアート・季節の和会席

旅を彩る豊かな味わい。日本料理「やまぼうし」は、地元素材を中心に、厳選した山川の恵、畑の恵を楽しめる和食処。個室もあり、家族やグループでの会食や集まりにも最適。

・秋の食とアート・嬬恋TANTO(ブッフェ)

オードブルからデザートまで、好きな料理が食べ放題。季節の野菜料理、地元の名物料理など、和洋食の多彩な料理が勢揃い。

また、嬬恋TANTOを楽しみつつ、できるかぎり混雑をさけるためのプラン「プライベートTANTO」への変更が可能。料理を選び、部屋へ持ち帰って楽しめる。

■軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130

深い森に抱かれた「軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130」は、上信越高原国立公園に隣接する、自然と共存したリゾートホテル。

ラウンジをフリースペースとして開放しているので、ワーケーションスペースとして自由に使用できる。誰でも弾けるピアノや、コーヒー・ソフトクリームサービスも用意。

温水プールは感染防止のため、整理券配布の上、入れ替え制で営業。

浅間山の麓、地下深くから湧き出る「鬼押温泉」は県内有数の天然温泉。ナトリウム硫酸塩質の黄褐色の湯はとろりと柔らかな感触で、「美肌の湯」としてもおすすめ。

信州で秋の味覚を堪能し、天然温泉に浸かってリラックスしてみては。

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1453-2
軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130:http://www.karuizawaclub.co.jp/hotel1130/

(MOCA.O)

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング