1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ナビシステム初導入「ロイヤルエンフィールド」の新型イージークルーザー

IGNITE / 2021年10月21日 19時0分

写真

世界の中間排気量モーターサイクル市場の原点とも言えるブランド、待望の新型。

■ナビシステム初導入

1901年に英国で誕生した現存する世界最古のモーターサイクルブランド「Royal Enfield(ロイヤルエンフィールド)」から、新型イージークルーザー「Meteor 350」が、11月中旬より日本で販売開始する。

新型Meteor 350は、時代を越えて愛されているロイヤルエンフィールドのスタイリングを継承しながらも、現代に適したモーターサイクルにデザインしている。

ロイヤルエンフィールドのモーターサイクルとしては初めて、ターンバイターンナビゲーションシステムを標準装備。

Royal Enfield Tripper(ロイヤルエンフィールドトリッパー)と名付けたこのシステムは、スマートフォンにアプリをインストールし、バイクをペアリングするだけで目的地に到着するまでの最適なルートを表示してくれる。

■進化した「Meteor 350」

英国ブランティングソープとインドのチェンナイにある2つのテクニカルセンターで設計・開発したMeteor 350は、メカニカル、フィッティング、フィニッシュの品質を新たなレベルに引き上げつつ、ロイヤルエンフィールドの重要なDNAを全て継承している。

349cc空冷単気筒エンジンを搭載し、最高出力20.2bhp、最大トルク27Nm/4,000rpmを生み出すことで、クルーザーの基本特性である低音域のグラントを実現。バランサーシャフトの採用によりエンジン音を維持しながら、スムーズで快適な操作性を実感できる。

ツインダウンチューブスプラインフレームを採用し、ワインディングでも自信をもって走行でき、高速道路ではしっかりとした安定感のある走りを、そして混雑した市街地では快適に操作できるように設計。

ブレーキはデュアルチャネルABSを装備し、単気筒モデルの中で最も強固なものに。

さらに、キャストホイールとチューブレスタイヤを標準装備、気品と機能性を兼ね備えたメーター、ハンドルバーの下にはUSB充電ポートを設置するなど充実の装備だ。

■3つのエディション

Fireball(ファイヤーボール)

販売価格:596,200 円(税込)カラー:レッド・イエロー

ブラックアウトしたサイクルパーツと機械加工したフィンで仕上げたエンジンが特徴。

Stellar(ステラー)

販売価格:608,300円(税込)カラー:レッド、ブルー、ブラック

クローム仕上げのハンドルバーとエグゾースト、リアには快適なバックレストを装備。

Supernova(スーパーノヴァ)

販売価格:622,600円(税込)カラー:ブルー・ブラウン

最上位機種であり、削りだしのホイール、プレミアムシート、ウインドスクリーンを装備。


すべて3年間の保証がついている純正アクセサリーが揃うのも嬉しい。

伝統的なモーターサイクルブランドのDNAを継承する同モデルは、所有するステータスも感じられる。

公式サイト:http://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp/

(hachi)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング