1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

自宅にサウナ、の夢が実現!”森”の名を持つ「サウナメッツァ」がローンチ

IGNITE / 2021年10月27日 23時0分

写真

サウナ愛が高じたら、マイサウナを持つしかない。

■自宅にサウナの夢が叶う

サウナのスペシャリスト「AVANTO」は、日本の木造伝統建築文化を担う若手大工集団「藤本工務店」とコラボレーションしたサウナルーム『sauna metsä(サウナ メッツァ)』をローンチした。

フィンランド語で「森」を意味する「metsä」と名付けたサウナは、森の木立からインスピレーションを得たデザイン。国産杉無垢を贅沢に用い、素材の特性と美しさを存分に生かしたつくりになっている。

■『sauna metsä』の特長

心地よいサウナルーム、それはまさに森林浴。

森林浴効果をもたらす森林の香りフィトンチッドは、製品になっても効果が持続すると言われている。特に杉は心を和ませ、落ち着かせる鎮静効果が絶大。

国産杉無垢を贅沢に用いた『sauna metsä』では、フィトンチッドのリラックス効果により、森の中へトリップをしているような深いリラクゼーションを得ることができる。

サウナヒーターは、北欧スウェーデンのサウナメーカーTylöHelo(ティーロヒーロ)社「SENSE SPORT2/4」。

スウェーデンのハルムスタッドに本社を置くTylöHeloは、トラディッショナルなドライサウナ、スチームサウナを中心に、現代のライフスタイルにマッチするモダンでスタイリッシュなNordicデザインとWellnessに特化したサウナメーカーだ。

「SENSE SPORT2/4」は、安全性が高くスタイリッシュなデザインながらセルフロウリュも可能。

バスルームでもリビングでも、どこへ置いてもスタイルのある、家具のようなサウナに仕上げた。室内には間接照明を設置。自然界が持つ有機的なR壁のフォルムと木漏れ日のような柔らかな光が、サウナタイムを極上のリラクゼーションにする。

ドアを、オプション仕様のガラス張りにすると、コンパクトながらも閉塞感を感じることのない、開放感と高級感の備わったサウナルームになる。

日本の住宅事情に合わせ、サイズは使いやすいSOLOとDUOの2種類。単相200Vの電源とスペースさえあれば簡単に設置できる。ベンチは着脱可能なので、汚れたら洗浄可能だ。

『sauna metsä』のローンチに合わせて、11月3日(水)〜11月12日(金)六本木エストネーションにて「SAUNA in the FOREST」をテーマにPOP UP STOREを開催する。

究極のラグジュアリーバスタブの担い手「FLUSSO」とタイアップし、まるで豊かな森にいるような極上のサウナタイムを提案するとのこと。サウナタイムがよりラグジュアリーに、よりおしゃれになるグッズをセレクトして販売するので、サウナーは必見のイベントになりそうだ。

sauna metsä サウナメッツァ

販売価格:(SOLO)1,700,000円~(DUO)2,000,000円〜 ※配送設置費・電気工事費別途
サウナヒーター:300,000円
AVANTO公式サイト:https://www.avanto.jp 

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング