1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京多摩地区初のスピリッツ蒸留所から「トーキョーハチオウジン」誕生

IGNITE / 2022年1月24日 18時0分

写真

東京多摩地区初のスピリッツ蒸留所「東京八王子蒸溜所」がオープン、多くの人に愛されるスピリッツの開発・製造をスタートした。クラフトジンのオリジナルブランド「トーキョーハチオウジン」が登場。

同時に、クラフトジンの新商品「トーキョーハチオウジン」2種類を発売する。

東京多摩地区初のスピリッツ蒸留所

東京都八王子市の「大信」は、東京多摩地区で初となるクラフトスピリッツの蒸留所「東京八王子蒸溜所」をオープンした。

多くの人に愛されるスピリッツを開発・製造するとともに、蒸溜所の中にはバーカウンター、イベントやパーティも開催できるスペースを併設。

カウンターには収集した国内外のスピリッツを並べ、バーテンダーが気軽に集まり、情報交換やスピリッツについて語り合うラボとしても利用し、マーケット全体を活性化する拠点になることを目指している。

こだわりが詰まった「トーキョーハチオウジン」 伝統的なロンドンドライジンの製法と味わいを追求

オリジナルブランド「トーキョーハチオウジン」は、ロンドンドライジンに使用されるボタニカルを厳選し、原料も近年のジャパニーズクラフトジンで主流となっている焼酎ではなく、欧州から輸入したニュートラルコーンスピリッツを使用。

遺伝子組み換えでないグルテンフリーの素材により、誰もが安心して楽しめるジンとなっている。

ジンの愛好者から初心者まで楽しめる

厳選したボタニカルを包み込むとうもろこし特有の甘い香りと舌触りが、奥深さを演出。ジン愛好者がそのまま飲んでも十分満足できるクラフトジンに仕上がった。

また和柑橘と花の風味による個性を目立たせすぎず、あくまでスタンダードを追求した味わいであるため、カクテルの材料として使いやすく、ジン初心者でもひとつ上のカクテルを味わうことができる。

“CLASSIC”と“ELDER FLOWER”のジンを展開

ロンドンドライジン本来の味わいというコンセプトを体現した「トーキョーハチオウジン CLASSIC」と、エルダーフラワーと甘夏を大胆に使い、甘い香りを強調した「トーキョーハチオウジン ELDER FLOWER」の2種類を展開。

「トーキョーハチオウジン ELDER FLOWER」は、ジンの中ではアルコール度数も低めの40%に設定し、原料のコーンスピリッツの酒質と柔らかな口当たりで、トニックウォーターとの相性に優れているため、ジン&トニックで楽しんでほしい商品だ。

トーキョーハチオウジン CLASSIC 希望小売価格:4,000円

トーキョーハチオウジン ELDER FLOWER 希望小売価格:4,000円

「東京八王子蒸溜所」のコンセプトや誕生に秘められたストーリー、商品開発のこだわりから楽しみ方のアイデアまで、スピリッツをより深く楽しむための情報を掲載する公式サイトもオープンした。

クラフトジンに興味のある人は、見逃せない蒸溜所の誕生だ。

公式サイト:https://hachioji-distillery.jp/

※価格は税込

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください