変幻自在な次世代型ディスプレイ!IGZO×独自設計「フリーフォームディスプレイ」

IGNITE / 2014年7月2日 7時14分

写真

シャープよりIGZO技術と独自設計を応用し、自由な形で製造できる液晶パネル「フリーフォームディスプレイ」が発表された。

近年、液晶ディスプレイには高輝度、広視野角、表示性能、耐環境性能やタッチパネルなど多くの条件が求められている。

そういった様々なニーズに応えるため、シャープはIGZO技術と独自設計を駆使し、「フリーフォームディスプレイ」の開発に成功した。

フリーフォームディスプレイは、従来の液晶ベゼル部分にあった液晶素子内のゲートドライバー(ON OFFを切り替える回路)を、液晶表示領域内に分散して配置している。

これで一列に並んでいたドライバーを自由な位置に置けるようになり、四角形のうち3辺はベゼルをほとんど無くすことに成功。

自由度の高い形状で液晶パネル製造が可能となった。

気になるフリーフォームディスプレイの今後だが、シャープはまず、新型自動車のインスツルメントパネルやナビや時計などを表示するセンターディスプレイへの採用を考えているようだ。

最近ではハイブリッドカーの燃費表示やエコドライビング情報などデータ表示が増えている車が多くなっているので、こういった自由度の高いディスプレイの必要性が増してゆくことだろう。

現在この「フリーフォームディスプレイ」はコンセプトや試作段階の状態だが、シャープは可能な限り早い段階での商品化を進めて行きたいと述べているので、近い内には革新的な自動車の内装が実現されそうだ。期待は膨らむばかりである。

(Lion-Maniacs)

以下の記事も併せてどうぞ。

シャープ、800億円規模を目指す新規事業に驚きの新製品が続々登場

ソフトバンクが感情認識ロボット「Pepper」2015年2月に一般発売

世界に大変革をもたらすかもしれない10のテクノロジー

The post 変幻自在な次世代型ディスプレイ!IGZO×独自設計「フリーフォームディスプレイ」 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング