ウェアラブルデバイスに必須?キツい運動をすればするほど発電する発汗電池

IGNITE / 2014年8月28日 7時22分

写真

ウォーキング、ジョギング、サイクリング。フィットネスでかいている汗が、次世代のエコに繋がっていくのかもしれない。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のWenzhao Jia博士らは、肌に直接貼り付けるタトゥーシール型のラクテート(乳酸)センサー兼バッテリーの開発に成功したことを米国社会科学研究会(SSRC)で発表した。これは本来、運動中のアスリートの乳酸値を測るためのセンサーだった。今までは採決して測定する方式が一般的だったが、このセンサーを用いることで常時乳酸値をモニターすることが可能になるという。

さらに運動効率を改善するトレーニング方法を編みだすべく、心拍数などもモニターできるように発電できる仕様へと変更した。燃料となるのは、当初の目的だった乳酸。汗に含まれる乳酸に酵素を加えることで電子を移動させ発電する。

現時点での発電量は、1平方cm当り70マイクロワットほど(画像にあるサイズのセンサーでは4マイクロワット)。この微々たる数値で充電できるのはナノデバイスくらいだろう。

しかし、彼らは将来的にバイタルモニター、腕時計、ウェアラブルデバイス、そしてスマートフォンの充電に役立つよう、仕様の最適化を行っていくとのこと。なお腕時計を充電するためには、2倍以上の発電量が必要になる。蓄電するためにはコンデンサーなどの部品をつける必要もでてくる。実用化にはまだ時間がかかるだろうか、次世代の発電・蓄電・充電システムとして期待度は高い。なにせ、コストはあなたのフィットネスと直結しているのだから。

ところで彼らの研究においては、普段運動をしていない人ほど発電効率が上がったそうだ。これは運動慣れしていない人ほど汗中の乳酸濃度が高かったから、だそうだ。

The post ウェアラブルデバイスに必須?キツい運動をすればするほど発電する発汗電池 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング