クールなコントラストで攻める!2台の「SL 2LOOK Edition」

IGNITE / 2014年9月11日 17時36分

写真

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ「SLクラス」の特別仕様車「SL 350 2LOOK Edition」および「SL 63 AMG 2LOOK Edition」を設定し、発売を開始した。

メルセデス・ベンツ SLクラスは、1952年に発表されたガルウィングのドアが特徴の「300 SL」を起源とするメルセデス・ベンツ最上級ロードスターである。ロングノーズ・ショートデッキの伝統的かつ流麗なオープンカーのスタイリングに、様々な先進技術が盛り込まれており、優れた走行性能と上質で快適な乗り心地を備える2シータースポーツカーとして、多くのセレブたちにも愛用されている。

 そんなSLクラスに、内外装のブラック&ホワイトのコントラストを強調したスポーティな特別仕様車「SL 2LOOK Edition」が設定された。ベースモデルには、SL350とSL63AMGの2タイプをセレクト。

 「SL350 2LOOK Edition」は、マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフを標準装備したSL 350をベースに、エクステリアにはダイヤモンドホワイトのボディカラーに本特別仕様車専用のブラックルーフピラーを組み合わせ、さらに、ポリッシュ仕上げの専用ブラックペイント19インチAMG7ツインスポークアルミホイールを採用したもの。

インテリアは、designoプラチナホワイトのインサートを配した専用のブラックナッパレザーシートとAMGスポーツステアリングに加えて、designoブラックピアノラッカーウッドインテリアトリムなど、ブラック&ホワイトのツートーンカラーで統一された専用装備がコーディネートされている。さらにカタログモデルのSL350では選択のできないマルチコントロールシートバックやドライビングダイナミックシート、マッサージ機能などの快適性を備えた装備も特別にプラスされた。こちらは右ハンドル仕様が、30台が導入される。

 一方、「SL 63 AMG 2LOOK Edition」は、ハイパフォーマンスモデルSL 63 AMGをベースに、エクステリアにはダイヤモンドホワイトのボディカラーと本特別仕様車専用のブラックルーフピラーを組み合わせ、さらにフロントおよびトランクリッドのスポイラーリップやドアミラー、リアディフューザーセンターなど随所に専用ハイグロスブラックパーツをセット。さらに、足元にも専用色ポリッシュ/マットブラックペイントのフロント19イント&リア20インチの鍛造AMGマルチスポークアルミホイールを採用し、ブラック&ホワイトのコントラストを際立たせている

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
IGNITE

トピックスRSS

ランキング