【貯蓄をするにはバイトが必須!?】今の収入と副業に対する考え方の実情とは……。

IGNITE / 2014年11月8日 19時40分

写真

アベノミクスの経済効果はあれど、実感として景気が回復していると感じている人は少ないようです。むしろ、消費税増税の影響で、家計への負担が大きくなったと感じる人もいます。

そんな中で、自分の収入に不満があり、副業を始めようかと考える人が増加傾向にあるといわれています。貯金をしたければ副業をするべきなのでしょうか。その答えを知るために、現在の収入や貯金額、副業についての意識調査の結果を見てみることにしましょう。

日本法規情報株式会社は、30代~50代男性へのアンケートなどで、収入や副業についての調査をおこないました。

■現在の収入についてのアンケート結果は、「満足していない」が7割超

まず、働いている人に「現在の収入に満足しているか」というアンケートを行いました。その結果、「現在の収入に満足していない」と回答した人が73%もいることが分かりました。

「現在仕事をしていない」と答えた人は18%でした。

「満足している」と答えた人は全体の9%に留まっていて、今の収入に多くの人が満足していないことが分かります。

■現在の貯蓄額は…?

次に、現在の貯蓄額についてのアンケート結果です。現在、貯金が「100万円以上500万円未満」と回答した人が最も多く、全体の21%でした。「貯蓄はない」「10万円未満」と答えた人は共に18%、「50万円以上100万円未満」が11%でした。「10万円以上20万円未満」「20万円以上50万円未満」の人が共に8%です。

「500万円以上1000万円未満」の人と「貯蓄ではなく債務がある」人の割合は共に6%という結果になりました。「1000万円以上3000万円未満」の人は5%でした。

この結果を見ると、100万円以上の貯金を出来ている人は少なく、ほとんどの人がまとまった金額での貯金が出来ていないことが分かります。

■副業を考えたことがある人は過半数超え

今の収入に満足していない人や、貯金が出来ていない人が多いという現状を踏まえ、副業についての意識調査を行いました。そこで、「副業を考えたことがある」と答えた人は全体の55%で、「副業をしている」と答えた人は4%でした。副業を考えたことがある人や、現在している人が過半数を超えるという結果は、やはり依然として景気は良くなっていないと感じる人が多いということなのだと思います。

実際に副業をしている人に、その収入を何に使っているかを聞いたところ、「貯蓄」と答えた人が一番多く、次いで「生活費の足しにする」や「趣味に使う」という回答がありました。

収入に満足しておらず、貯金をしたいと思ったら、やはり副業を始めるしかないのでしょうか。とはいえ、副業をするためには、副業の確定申告が必要になったり、そもそも本業の会社が「副業禁止」の場合もあります。また、副業とはいえ、まとまった金額を稼ぐためにはそれなりの時間を割かなければいけないのです。

健康面での不安などがあるという人も多く、なかなか副業に踏み切れないという人もいます。「簡単にできる副業」という広告がインターネット上には溢れていますが、簡単にできる副業はありません。
収入などの関係から副業を始めるときにも、きちんとした知識を身につけて行うことが大切なのです。

(月野 透子)

The post 【貯蓄をするにはバイトが必須!?】今の収入と副業に対する考え方の実情とは……。 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング