ハメを外した!?メルセデスがこんなにスゴイ 【メルセデス・ベンツ 2014年のまとめ・後編】

IGNITE / 2014年12月27日 17時0分

写真

(メルセデス・ベンツ 2014年のまとめ・前編から続く)

2014年、“進撃のメルセデス”は、異業種とのコラボレーションにも積極的だった。


とくに新型コンパクトSUV「GLA」のデビュー時に行ったスーパーマリオブラザーズとのコラボは、「あのメルセデスがまさか……」とある種の衝撃をもたらした。

とはいえ、このチャレンジングな姿勢はおおむね好評で、新たなユーザー層の掘り起こしに成功しているようだ。


また、コラボCM「GO! GLA」のyoutube公式チャンネルにおける視聴回数は、この原稿を書いている時点でなんと461万回を突破している。

メルセデス・ベンツ日本によると、諸外国のメルセデス法人からの使用オファーも急増しているそうだ。11月には、ルイージ&ピーチ姫バージョンの第二弾も公開された。


この成功に味をしめたのか(?)メルセデス・ベンツ日本は、クルマ業界初となるディズニーとのコラボも実施。

シティコミューターEVの「スマート フォーツー ed(エレクトリックドライブ) 」に、“ディズニーの魔法”をかけた限定モデル(40台)を発売したのだ。この「スマート フォーツー ed エディション ディズニー」では、ボディカラーをミッキーの服と同じレッド、ドアミラーを靴と同じイエローにするなど、クルマ全体をミッキー仕様でコーディネイトしている。

もちろん内装も特別仕様で、ミッキーのシルエットを縫い込んだ特注レザーシートに座った瞬間から、ディズニーの世界観にどっぷりと浸れそうだ。

コラボCM「GO! GLA」

10月には目映いばかりの輝きを放つ、メルセデス・ラグジュアリーを象徴する新型「Sクラスクーペ」が登場した。CLクラスの後継として開発された同モデルは、「ショーカーのように美しく、アメージングなクルマ」とデザインリーダーに自画自賛されても素直に頷いてしまう妖艶かつ特別なオーラを纏っている。

とくに片側47個のスワロフスキークリスタルが組み込まれたLEDヘッドライトの眼差しは、いつの時代も世の女性を惹きつける宝石のようでもある。

走りの面では世界初となる「ダイナミックカーブ機能」が、男性陣の知的好奇心を刺激するだろう。この機能は、コーナリング時にバイクのライダーやスキーヤーのように車体を内側に傾けることにより、これまで以上にハイスピードかつ乗員の快適性を損なわずにコーナーを駆け抜けることができるというものだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
IGNITE

トピックスRSS

ランキング