ランボルギーニ『ウラカン』、衝撃のデビュー!

IGNITE / 2014年8月9日 18時34分

写真

昨年50周年を迎えたランボルギーニは、まだ若い自動車メーカーだ。しかし、多くの才能が集結し生み出した作品の数々は、斬新かつ先進のメカニズムを搭載し、今日の礎を築いてきた。創業から現在まで、総生産台数は約3万台。その半数弱の1万4,022台が『ガヤルド』だった。
後継モデルの『ウラカン』が、ついに発売された。予約状況から察して年内に1,000台は見込まれるとランボルギーニは考えている。フラッグシップのアヴェンタドールのイメージを感じるのは6角形にデザインされた側面のグラスエリアのせいだろうが、独自の存在感あるフォルムは美しくもある。
チェントロ・スティーレの責任者であるフィリッポ・ペリーニは、以前から折り紙の山折り・谷折りが織り成すラインに強い関心をもっていたというが、「折り紙ライン」と呼ぶ縦に走る4本のラインを『ウラカン』に与えた。先端から後端まで、一筆書きで描くルーフラインに、アクセントとコントラストを見事に刻んだワケだ。

エアロダイナミクスは3%の空気抵抗の低減と50%のダウンフォース向上を果たした。コクピット周りを部分的にカーボン製としたアルミとのハイブリット・シャシーは、ねじり剛性で50%向上している(すべてガヤルド比)。
カーボン技術に関してランボルギーニは、『オートモービル・ランボルギーニ先進複合材構造研究所』を開設。米シアトルのワシントン大学と名古屋工業大学で生産技術を含む研究開発を行っている。
さて、気になるパワーユニットは、新開発といっても過言ではないレベルで改良されている。5.2リッターV10エンジンは、わずか1000rpmで最大トルク560Nmの75%を発生する。ちなみに最高出力は610ps(449kW)で、ミッションは7速ツインクラッチ式だ。
その他にも電子制御技術など見どころも多い『ウラカン』だが、スーパーカーの要はやはり弩級のインパクト。そういった意味でも、ランボルギーニは一流だと認めざるをえないだろう。

The post ランボルギーニ『ウラカン』、衝撃のデビュー! appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング