ホテル日航札幌の「絶景」客室がリニューアル さらにエグゼクティブな空間へ

IGNITE / 2015年4月23日 20時33分

写真

JRタワーホテル日航札幌のエグゼクティブフロア(31~34階)の客室が2015年4月21日(火)よりリニューアルされた。旅行好きのアクティブな世代をターゲットに行われた今回の客室改装は、一体どのような空間になったのだろうか。客室内を覗いてみよう。

まずこの客室改装は、2014年のシングルルームとダブルルームに続き行われたもので、ビジネス訪れる方だけではなく旅行で訪れる方もゆったりと過ごせるような「豪華な空間」を意識して改装された。

今回のリニューアルの注目ポイントを3つ挙げてみよう。

・高層階の展望を活かしたレイアウト北海道では最高層となるJRタワーの高層階では、その眺望を活かした夜景や風景を楽しめるようにレイアウトを大幅に変更。

ホテルのコンセプトでもある「さっぽろスカイリゾート」というテーマにふさわしい部屋となった。

・電化製品やインテリア、照明を大幅に変更レイアウトだけではなく、インテリアの変更も行われた。

壁掛け型テレビやデスクなどの家具、さらには女性の肌が美しく見える明るさの照明に変更するなど、上質でありながら泊まる方の事を考えた空間を実現した。

・アクセントピローなどで「北海道らしさ」を表現枕にはスズランの刺繍を施したアクセントピローなどを用意し、その「北海道らしさ」を邪魔しないカラーのインテリアを揃えることで、このホテルならではのオリジナリティを演出した。

このリニューアルされた客室の価格帯は1名42,000円(サービス料、税込)から。

4月30日までリニューアル記念の特別プランが用意されているので、この機会に足を運んでみてはいかがだろうか?

(Lion-Maniacs)

*【JRタワーホテル日航札幌】4月21日(火) エグゼクティブフロア客室リニューアル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング