プリンタから大量の文字化けを出力するマルウェア「Trojan.Milicenso」―米国、インド、欧州、南米で感染拡大中【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年6月25日 11時11分

Trojan.Milicenso の被害地域分布図

セキュリティベンダー米国Symantecは2012年6月22日、2週間程度前からマルウェア「Trojan.Milicenso」の活動が活発化し、米国、インド、欧州、南米のオフィスで感染が拡大していると公表。同マルウェアに対する注意を喚起した。

Symantechによれば、同マルウェアに感染したPCは、オフィス内のプリントサーバーに大量の印刷ジョブを送信する。その結果、オフィスプリンタからはプリンタ用紙が無くなるまで、または手動でプリンタがシャットダウンされるまで文字化けした印刷物が出力され続けるという。

同マルウェアは、Eメールへの添付物、悪質なスクリプトをホストするWebサイト、偽のビデオコーデックなどを経由して感染を拡大させている。Symantechが調査したところによれば、文字化けが大量に印刷されるのは攻撃者が意図した結果ではなく、マルウェアを感染させる仕組みが引き起こした副作用によるものだそうだ。

同マルウェアの詳細については、Symantechが公開した「Trojan.Milicenso:製紙会社の営業に朗報?」を参照されたい。

関連記事
Android マルウェアトップ5―Sophos 無償アプリで検出
AKB48 総選挙に便乗した Android マルウェアが見つかる
JPCERT/CC、DNS Changer 感染の有無を確認できるサイトを公開

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング