実際に「PLAY!」してみたいオリンピック競技、1位に選ばれたのは意外な“あの競技” -- 「アクエリアス」調べ【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年6月28日 14時31分

あなたが PLAY! してみたい オリンピック競技は?

4年に1度開催されるスポーツの祭典「ロンドンオリンピック」の開幕まで、いよいよあと1ケ月となった。世界中のトップアスリートが集まり、26競技302種目で熱戦が繰り広げられるが、もしも自分自身がオリンピックの公式競技に挑戦できるとしたら、どんな種目に興味があるだろうか。

ロンドンオリンピック公式スポーツ飲料である「アクエリアス」は、トップアスリートだけでなく、一般のスポーツ愛好者にも、もっとカラダを動かし、オリンピック競技を体験してもらうことを目的として、オリンピック競技に関する意識調査「あなたがもっとPLAY!してみたいオリンピック競技」についてアンケートをインターネットで実施。99,432人の回答を集計し、結果を公開した。

「アクエリアス」では、ロンドンオリンピックをきっかけに、スポーツの「観るより、やるほうが超楽しい。」を体験してもらう目的で、「PLAY!」をキーワードとしたキャンペーン「PLAY! 観るより、やるほうが超楽しい。」を4月7日より展開。「アクエリアス」のブランドサイト『AQUARIUS PLAY! Park』では、ロンドンオリンピックをより身近に感じ、競技を観るよりも、実際にチャレンジしてもらうことを目的として、オリンピック競技を気軽に体験できる施設情報を提供している。

今回公開した調査では、オリンピックで行われる26競技302種目の公式競技から26競技27種目をピックアップし、「あなたが PLAY! してみたい オリンピック競技は?」(複数化選択可)としてインターネット上で回答を集めた。その結果、第1位は25,720人(12.77%)が選んだ「射撃」、第2位には15,823人(7.86%)が選んだ「サッカー」、そして第3位は15.296人(7.60%)が選んだ「バドミントン」となり、1位の「射撃」は、2位の「サッカー」に9,897人(4.91%)の大差をつけてのトップとなった。

ちなみに、ビデオリサーチの調べによると2008年に開催された「北京オリンピック」での競技中継平均視聴率トップ10には「ソフトボール」「陸上競技」「野球」「競泳」「レスリング」などがランクインしたが、「PLAY! してみたい」競技として選ばれたランキングはこの傾向と一致しないという興味深い結果となった。

「PLAY!してみたい」オリンピック競技で「射撃」が1位に選ばれたことについて、競技団体である「日本ライフル射撃協会」の溝部氏は、「こんなにダントツの1位とは驚きです。日本では、射撃を目にする機会も少ないので、やってみたいと思う方が多いのでしょう。今年のロンドンオリンピックに『ピストル』で出場する松田選手は、ワールドカップで優勝していて、メダルの期待もかかっています。是非注目してください。」と思わぬ「射撃」人気に戸惑いながらも、喜びのコメントとロンドンオリンピックに向けてのメッセージを寄せている。

また、国内外で活躍する清水綾乃選手からは、「射撃はまだまだ日本ではマイナーな競技。今回第1位ということで、少しずつではありますが、興味を持ってもらえてうれしいです。射撃はメンタルとフィジカルのバランスがとても重要な競技。私も射撃を始めてから新しい自分との出会いが多く、自分と向き合う機会が増えました。みなさんも、射撃を通じて新たな自分と出会ってみてください。きっとまだ自分の知らない自分と出会えるきっかけになると思います。」とコメントしている。

ちなみに、「アクエリアス」のブランドサイト『AQUARIUS PLAY! Park』では、27日から1位に選ばれた「射撃」が体験できる施設の情報を公開しているという。「射撃」と聞くと少し普通の人には縁遠いイメージが強いが、実は年齢や性別に関係なく誰でも楽しめるスポーツで、集中力が上がる、物忘れ予防になるなどの研究結果もあるのだそうだ。興味をもったらまずは近くの施設を探して実際に「PLAY!」してみてはいかがだろうか。

■ AQUARIUS PLAY! Park

この記事の他の画像はこちら

関連記事
ロンドン五輪に向けたコカ・コーラの取り組み -- 6月からは大規模プロモーションを開催
企業向け「LINE 公式アカウント」が提供開始―第1弾はコカ・コーラ、ローソン、すき家など
マクドナルド、オリンピック応援“Coke Glass キャンペーン”を開始

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング