iPhone アプリの売上が増加している国トップ10【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年7月6日 13時1分

iPhone アプリの売上が増加した国トップ10

アプリストアに関する分析を行うオランダの調査会社 Distimo は2012年6月28日、世界各国における有料アプリの売上状況を調査したレポート「Emerging App Markets」を公表した。

同レポートは、2011年5月時点でのアプリの売上高と、1年後の2012年5月の売上高を比較したもの。アプリ売上高の多い上位30か国を対象に調査を実施している。調査により、アプリの売り上げは多くの国で前年よりも減少しているなか、東アジアの国々と新興国では増加傾向にあることがわかった。

今回のレポートで Distimo が注目したのは、ロシア、ブラジル、メキシコ、トルコの4か国。これらの国々での iPhone アプリの売上は前年同月比で、ロシアは115%、ブラジルは83%、メキシコは63%、トルコは54%と大きな成長を見せている。

Distimo によれば、これら4か国で共通して人気の高かったアプリのカテゴリーはゲームとエンターテインメント。すべての国で売上に最も貢献しているという。一方、ナビゲーションアプリは、ブラジル、ロシア、トルコでの人気は高いが、メキシコでの人気は低い。電子書籍アプリはロシアでは圧倒的な人気を得ているが、他の3か国では売れておらず、特にブラジルとトルコでは最も売れないカテゴリーのアプリだという。SNS 関連アプリは、ブラジルとトルコでは人気が高いが、メキシコとロシアでは人気が薄い。

今回の調査で、昨年比で最も高い伸びを示したのは日本。2012年の5月の iPhone アプリの売上は、前年同月比560%の驚異的な成長を見せた。また、中国は109%、台湾は101%、タイは84%、韓国は59%と、東アジアの各国はどこも高い伸びを見せている。だが、Distimo では以前に同様なレポートを公表した際、これら東アジアにスポットをあてた分析を実施済みのため、今回はこれらの国々を分析対象からは外したとしている。

その際のレポートでは、日本でアプリ売上が大きく伸びている要因として、昨年発売された iPhone 4S の販売が好調であることがあげられていた。

関連記事
モバイルアプリ開発は、マルチプラットフォーム対応へ
Apple iTunes App Store、Google Android Market の6倍の売上を記録

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング