ビルの隙間に建てた(入れた?)世界で一番細い家「Keret House」、10月中旬に完成【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年9月25日 16時41分

「Keret House」完成予想図

「Keret House」は、ビルとビルの隙間に建築(挿入?)予定の、世界で最も細い家。幅は最も広い入り口付近で約1.2メートル、最も狭い場所で71センチしかないという。

だが、この狭い家にはベッド、机、キッチン、シャワーなどが完備されている。電気は、近隣のビルから供給を受ける。上下水道は備えつけられておらず、キャンピングカーのようなシステムになるのだという。

Keret House は、イスラエルの作家 Etgar Keret 氏の依頼により、ポーランドの建築家 Jakub Szczesny 氏が設計したもの。Keret 氏は、Keret House を仕事場として活用する予定だという。また、自分が利用しないときには、他人に貸し出すとしている。Keret House は、そのユニークなデザインのため、特に若いアーチストを中心に入居希望者が殺到しているという。

Keret House の完成予定日は、2012年10月中旬。建築予定地は、現段階では未だ単なる隙間に過ぎない。


建築予定地には、ゴミが不法投棄されている
こんな場所に、なぜ住みたい?

だが、Keret House 自体は10月の完成に向け、建築(組み立て?)が進んでいる。

この記事のその他の写真などはこちら

関連記事
自動車の排気ガスを利用して肉を焼けるエコな調理器具「Exhaust Burger」
米国は、缶ビールやビンビールへの核爆発の影響を調査するため、核実験を実施していた―1957年の米国の実験レポート
ラジオパン、時計パン、懐中電灯パン―パンで作った電化製品シリーズ「Baked electronic products」

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング