Apple iOS 6 の地図アプリ「Maps」、トルコの国家安全保障を脅かす―トルコのニュースサイトが主張【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年10月3日 12時21分

iOS 6「Maps」で表示したトルコイムラル島(出典:The Verge)

iOS 6 で公開された Apple による地図アプリ「Maps」は、単に利用者に不便を強いるだけでなく、複数の国の安全保障を危機にさらしてもいるという。米メディア The Verge が伝えている。

同メディアが伝えたところによれば、この問題を指摘しているのはトルコのニュースサイト Sosyalmedya。同サイトは、Apple の Maps がトルコのイムラル島にある刑務所凶悪犯罪者用の刑務所の高解像度な衛星写真を公開していることを発見した。

同刑務所は、非合法テロ組織として指定されている武装組織クルド労働者党(PKK)の創設者アブドラ オジャラン氏が収監されていることで知られている。オジャラン氏は、民間人に3万人以上の被害者を出したクルド人独立運動の象徴的リーダー。いまも同氏の釈放を求める抗議運動は続いている。

Sosyalmedya は、Apple の Maps は、イムラル島内の警察署、国境警備員の詰め所、軍事施設など、PKK の攻撃目標となりうる重要施設がすべて確認できる衛星写真を公開しており、トルコの安全保障を危険に曝していると主張している。

The Verge が実際にイムラル島の衛星画像を表示して比較したところ、Google マップでは刑務所付近が画像処理されているのに対し、Apple の Maps では鮮明な画像を表示可能だったという。

The Verge はこの件を受け、世界各国の重要拠点が Google マップと Apple の Maps でどのように表示されているかを比較している。

米国、アバディーン性能試験場

アバディーン性能試験場は、米国メリーランド州アバディーンに存在する米国陸軍の軍事施設。軍用車両の試験トラックの他、化学兵器の貯蔵庫も備えている。

Google マップの衛星写真では、同試験場は画像処理されており施設内の様子を伺い知ることはできない。だが、Apple の Maps では、鮮明な衛星写真を表示することが可能になっている。

ドイツ、NATO ガイレンキルヒェン航空基地

ガイレンキルヒェン航空基地は、北大西洋条約機構(NATO)の下で運用される早期警戒管制機の主要作戦基地。Google マップは、この基地の西側部分にモザイク処理を施しているが、Apple の Maps ではすべてが明らかになっている。

The Verge は、安全保障はセンシティブな問題であり、地図分野の初心者である Apple は今後この分野でも改善が求められる、と記事をまとめている。

この記事のその他の写真などはこちら

関連記事
グルーポンが iOS 6 アプリ「Passbook」に対応
インドア Google マップ、関西エリアの駅や空港が新たに追加
iPhone 用カレンダーアプリ「TapCal」、iPhone 5の大画面と iOS 6に対応した最新バージョンをリリース

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング