「半分あきらめてた」AKB48新センター、ぱるること島崎遥香の素顔とは?【楽天エンタメナビ】

インフォシーク / 2012年11月30日 14時0分

3代目じゃんけん女王“ぱるる”こと島崎遥香

アイドルグループ・AKB48で3代目じゃんけん女王となった、“ぱるる”こと島崎遥香(18)の勢いが止まらない。10月に公開された、劇場版『私立バカレア高校』では主役を演じ、12月1日放送のフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!2時間SP』の人気企画「矢部浩之のオファーしちゃいました!!」では、初の単独握手会とステージイベントに挑戦。さらには、じゃんけん女王として初のセンターを務めるニューシングル「永遠プレッシャー」も、12月5日に発売される。

連日メディアにひっぱりだこの島崎遥香だが、実は今年のAKB48 27thシングル選抜総選挙では23位でアンダーガールズどまり。前田敦子、大島優子、篠田麻里子らの「神セブン」「神エイト」メンバーにも入っておらず、なじみがない方も多いのでは?一体どんなキャラクターの持ち主なのだろうか。


島崎遥香(しまざきはるか)は、1994年3月生まれの18歳。選抜総選挙で2位を獲得した“まゆゆ”こと渡辺麻友とは、誕生日が4日違いの同い歳だ。2009年9月20日、『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格。その後は「チーム4」のメンバーとして劇場公演を中心に活動してきた。現在は「チームB」に所属し、チーム公演ではセンターを担っている。

もともと歌もダンスも得意なタイプではなかったが、オーディション時、ただ立っているだけで抜群の存在感を示し、秋元康氏が合格を決めたという逸話がある。清楚なルックスや、強い意思を秘めた澄んだ瞳、ダンスの決めポジションの美しさは、まさにセンター向けの逸材だ。演技への評価も高い。一方、ダンスのフリがちょっとずれていたり、ときたま不思議な言動をとることから、ファンからは愛情をこめて“ぽんこつ”と呼ばれていて、それが新たな魅力にもなっている。

主演を務めた、劇場版『私立バカレア高校』のインタビューで、島崎は、最近の環境の変化をこう語っている。

「このところ、たくさんテレビに出させていただいていますが、それまでは同期のなかでもそういう機会が少なかったから、そういう経験の後だったので、かえってよかったなって。いきなり今のこの状況だったら、きっと浮かれていたんじゃないかなと思うから。あの頃は……半分、諦めていました。私は、逃げるように学校に行ってました」

諦めていたとは意外だ。でも今は、そんな当時を笑顔でふりかえる。

「自分を見直せる機会があって、よかったです。学校も無事卒業できたし、これからはAKB一筋やっていけるので。今は一日一日、与えられたことをしっかりやっていくことが目標なんです」

前田敦子が卒業し、新チームが組閣され、次世代AKB48に大きく舵が切られた今、次世代エース候補・ぱるるからますます目が離せなくなりそうだ。まずは、彼女の胸の内が語られたインタビューをどうぞ。

★島崎遥香 特別インタビューページはこちらから


●関連記事
岡村隆史 コラボに手応え「商店街からレモンが全部無くなるでしょう」
中居主演ドラマ『ATARUスペシャル』に堀北真希、岡田将生、AKB島崎遥香が出演
AKB48、じゃんけん選抜によるニューシングル発売決定
ぱるる、恋愛上手なヒロイン演じてご満悦~!『私立バカレア』続編希望!
ジャニーズ森本、AKB48をかわいいとべた褒め! 豪華競演で大盛り上がり!
AKB島崎遥香がメイド姿を披露、じゃんけん大会の勝因は制服だった!?

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング