仮面ライダーウィザード イン マジックランド、が描いた世界!

インフォシーク / 2013年8月6日 17時30分

陣内孝則は悪の権化のようなキャラクターだ。映画「仮面ライダーウィザード イン マジックランド」。

誰もが、透明人間になれたらいいのに! と思ったことがあるはずだ。

幼き頃の私も、透明人間になって先生の家に明日のテスト問題を見に行きたい! とか、のび太みたいに好きな子のお風呂に行きたい! とか、店先のジュースを片っぱしから飲んでしまいたい! などと想像していた。「OH!透明人間」なんてちょっとHなマンガも月刊マガジンで連載されていた。

まぁ、こういう空想は子供だからまだ可愛いのであって、大人になると、もしも透明人間になったならば、株を操作するとか、ライバル会社のシステムをダウンするとか、可愛げのない悪行と結びつけるであろうからやめた方がいいのだ。

空想は子供が絡んでいるから良いのかもしれない。

もしもこの世界が科学文明でなくて魔法文明だったら…という空想もとても面白い。

私がこの発想を知ったのは1984年の映画「のび太の魔界大冒険」で、色々と上手くいかない小学生ののび太が、魔法を使えば野球で三振もしないし、掃除もホウキが勝手にやってくれるのに! と考え、ドラえもんの「もしもボックス」で世界を魔法文明にしてしまう話だった。

念願の魔法文明になったのはいいが、空飛ぶじゅうたんは科学文明の自動車と同じく高額で購入しなければいけないし、乗るにも運転免許証が必要、学校に行っても科学文明で勉強ができなかったのと同じように、魔法ができなくて成績が悪い。今までと変わらない生活にのび太はガッカリしていた。そのあたりの愉快さは、さすが藤子不二雄マンガの空想力なのだ。

8月3日から公開されている映画「仮面ライダーウィザード イン マジックランド」も、この設定が使用されている。ネタバレになってしまうかもしれないが、魔法使いである仮面ライダーウィザードとヒロインは、闘いの真っ最中に科学文明の世界から魔法文明の世界へと入り込んでしまう。

彼らが目の当たりにする魔法文明の日常シーンが、なかなか面白い。金銭の代わりに魔力が支払われていたり、子供が魔法で悪戯をすれば母親も魔法で叱ったりする。わりと良い世界だな、とウィザードもヒロインも思うのである。

悪者が現れても、仮面ライダーウィザードは「仮面ライダー=魔法使い」という設定であるから、ということは科学文明とは違って全員魔法使いである魔法文明では、なんと一般市民も簡単に仮面ライダーに変身できる。怪人が現れたとなると、買い物に来ていた主婦が変身して、悪者と格闘したりするのだ。これがなかなかカッコいい。夢があって痛快だった。

魔法。何でも自由に発想できるだけに、根拠ありきの科学文明では味わえない魅力がある。

魔法を描く作品は意外と多くて「魔女の宅急便」「オズの魔法使い」「ハリーポッター」「奥様は魔女」などはすぐに思いつくところであるし、物語でなくても「魔法瓶」や「マジックテープ」のような製品は結局魔法と結びつけている。色々と調べていたら、なんと「魔法株式会社」という会社まであって驚いた。

科学文明に生きる私たちは、多かれ少なかれ「魔法」に憧れているようである。

しかし科学文明にいても、「あれ、魔法を使ったような出来事だ」と思うような出来事が起こることがある。

このあたりは一体なんなのか。

例えば、頭に思い描いていた人からいきなり連絡が来たり、探し求めていた品が通りすがりの店で売っていたりなんてことはよくあることだ。私は都内を毛細血管のように走っている東京メトロに乗りながら、名古屋にいる父親のことを考えたら、次の駅で私の目の前の扉から上京していた父が乗り込んできたことがある。

このような「魔法のような出来事」は、なぜ起こるのだろうか? 全然わからないが、興味深い。

そういう意味では、私は今このように仮面ライダーについて記事を書き続けているわけだが、今回の仮面ライダー映画には20年来の友人が出演している。正木佐和という女優で、これもまた、2人にとっては魔法のような出来事なのである。付け加えれば、22年来の友人・清水崇映画監督が、仮面ライダーを撮影している東映にて、来年公開の魔法使いの映画「実写版 魔女の宅急便」を撮影していることも、魔法のような出来事だ。

科学文明において魔法のような出来事が増えていくと、人生はさらに楽しくなる。このあたりのことは解明したいところだ。

【バックナンバー】仮面ライダー徒然草はこちら

ガッケンター
1973年1月生まれ。芸術家。ライター。芸術活動のかたわら、仲間と協力してゆるゆる映画応援サイト「ガッケンターサイト」の運営や、映画監督や俳優もゲスト出演する「ガッケンターTV」(インターネット)の製作をしている。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング