勝負に出た星野監督、一度は裏目に出るも魂で勝ち取った王手!

インフォシーク / 2013年10月31日 23時0分

イーグルス応援サイトで日本シリーズを熱く実況中!

一瞬も目を離せない、緊迫した死闘をイーグルスが制し、日本一に王手をかけた。

まずは先発の辛島。星野監督をして「シーズンでも見たことなかった」という好投で、5回をヒット1本に抑える、見事すぎる内容でジャイアンツ打線を沈黙させた。

また打線も3回、松井のヒットを皮切りに嶋が続き、岡島のレフト前で先制。さらに銀次が追加点と、鮮やかな攻撃でジャイアンツ先発の内海から2点を奪う。

その後は内海も立ち直り、辛島との投げ合いとなったが、辛島のがんばりは特筆モノだった。低めに球を集め、時に嶋の構えと逆を行くこともあったがそれが功を奏して?ジャイアンツ打線を翻弄。

5回に中井に単打を打たれるまでノーヒットと、期待以上の内容で役割を全うした。 そして6回、星野監督が勝負に出る。「(ともに第1戦の先発だった)内海も中4日だったし、リードしていたら6回から則本でいこうと最初から決めていた」と言うとおり、ルーキー則本を投入。その則本は6回、躍動感あふれるピッチングフォームから140キロを超えるストレートと、130キ台のスライダーで次々とジャイアンツ打線を打ちとっていく。

しかし7回、第1戦でも則本からホームランを打っていた村田に痛恨のソロホームランを浴びる。それでも則本に気落ちした様子はなく、投球のペースは落ちない。圧巻は8回、松本、石井、長野を三者連続三振。このまま抑えて試合終了まで…と思われたが、そこは連覇を狙うディフェンディングチャンピオンのジャイアンツ。9回、それまでシリーズでノーヒットと不振を極めていた代打・高橋由伸がツーベースヒット。そこからなんとか2アウトまでこぎつけたものの、またも村田に打たれ、同点となってしまった。

これで、星野監督の「バクチ」は裏目に出たと誰もが思った。しかし、サヨナラのピンチをしのぎ、シリーズ初の延長戦に入ると、先頭打者の則本をそのまま打席に送る。この試合は則本で最後まで行くという意思表示を示すことで、ジャイアンツに傾きかけた勝負の「流れ」を、強引にイーグルス側に手繰り寄せた。投球に専念するため、ただ打席に立ってるだけのはずだった則本に対し、ジャイアンツ守護神・西村がフォアボール。ここから流れは確かに変わった。岡島が送ると、続く藤田に西村がデッドボール。奥足のふくらはぎへの直撃で悶絶する藤田、一時は負傷退場も危惧されたがなんとか1塁へ。ここで燃える男、銀次がセンター前へ勝ち越し打を放つ。そして続く4番・ジョーンズも凡打になりそうなところを懸命に走り内野安打で決定的な4点目をもぎとる。ここで痛みに耐えていた藤田がついに交代、グラウンドを去る藤田の目には涙が。貴重な勝ち越しをもらった則本、これに応えるべく力投する。変わったばかりのレフト森山の好守もあり、3人で片付け勝利をもぎとった。

「嬉しいねえ。涙がでちゃう」と冗談めかして振り返った星の監督だったが、これは偽らざる本音だろう。則本リリーフという勝負に出て、一時はそれが裏目に出て勝利がその手からすり抜けかけた。これまで日本一に縁のなかった闘将の目の前で、選手たちが魂で打ち、守ることで流れを引き戻し、失いかけた勝利がその手に戻ってきたのだ。

第6戦は間違いなくエース田中将大が先発だろう。最後はエースで決める。仙台のファンの前で、星野監督が宙に舞うのも、もうすぐだ。

星野監督インタビュー
「(まさに魂で勝ち取った勝利だった)今日ほどしびれたゲームはないね。9回で終わりたかったけど、ファンのみんなが楽しんでくれたからいいや。

(則本のリリーフ)内海も中4日できてたから、リードしてたら6回から則本という頭があった。

(辛島も好投した)シーズン中にも見たことがない、いいピッチングだったね。プレーオフになって、ピッチャー陣がっしっかり投げてくれてます。

(銀次ら星野チルドレンが活躍した)うれしいねえ。涙がでちゃう。

(負傷で退場した藤田の涙はどう見た?)このシリーズでジャイアンツには3度もぶつけれらてるからね。途中交代は悔しいでしょうね。まああのデッドボールがあったから、2点入りましたからね。 (日本一に王手をかけて仙台に帰る)やはり東北の皆さん、仙台のみなさんのまえで、宙に舞いたい!」

日本シリーズを熱く実況!第5戦の熱戦の模様はこちら。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング