誰でも簡単に“プロ並み”のデザインが作れる「Picky-Pics」

インフォシーク / 2014年8月6日 10時0分

「Picky-Pics」で誰でもプロ並みのデザインが可能に。

フェンリルが7月10日にリリースした「Picky-Pics」は、Webブラウザ上でチラシや名刺が作れるオンラインデザインツールだ。デザインの技術や専用ソフトを持っていない人でも簡単に“プロ並み”のデザインを作成することができる。ネット上では「この簡単さはデザイナー殺しではないか」と評判になっており、店舗やイベントのチラシなどにお金をかけたくない人や、書類やプレゼンを簡単に作成したい人におすすめだ。

無料登録してログインすると、あらかじめ用意されているA4サイズの紙、名刺、ハガキ、プレゼン資料、Facebookなど用途に合わせて8パターンのサイズを使い分けることができる。

利用する画像を選ぶと自動でレイアウトしてくれる「自動レイアウト機能」が搭載されているので、写真の入れ替え、切り出す位置の変更も簡単にでき、レイアウトをクリック一つでサクサク変更できる。

写真やイラストの素材は、無料・有料合わせた約5万点の中から好きなものを選ぶことができるほか、自分で撮った写真をアップロードして使用することもできるので、デザインの幅がぐっと広がり、自分の個性を活かしたデザインを作ることが可能だ。

豊富な素材から好きな画像を選ぶことが出来る

また、プロのデザイナーが使用する「モリサワフォント」18書体が無料で使えるのも利用者には嬉しい特徴だ。

他にも、レイアウトする際にガイドラインが表示され端や中央揃えなどが簡単に出来る「スマートガイド機能」も搭載している。

作成したデザインは、PNG、PDF、ウェブページとして出力できる。

作成したものはサーバー側に保存され、自宅や職場のPCなどどこからでもアクセスできるので、職場で作成したデータを自宅で編集、などということも可能だ。

有料素材を含むデザインを出力するには、24時間以内であれば1点あたり100円、時間制限なく何度も出力したいなら1点あたりイラスト1000円、写真1500円となる。決済はPaypalで行っている。

「ITに強くない、自分の親でもチラシなどを作れればいいのに」という想いから生まれたという「Picky-Pics」。その言葉通り、マウスによるドラッグ&ドロップ操作で簡単にデザインが出来るので、今までソフトウェアを使いこなせず、挫折した経験がある人にもぜひ試してもらいたい。

ドラッグ&ドロップで誰でも"プロ並み"のデザインに!「Picky-Pics」はこちら>>

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング