食べたい! その欲求はこれで抑えよう

インフォシーク / 2014年9月24日 13時0分

食べたい! その欲求はこれで抑えよう(Myレシピ.com)

「あ~、チョコレートが食べたい!」と、突然やってくる、甘いものに対する激しい欲求。そんな抑えがたい欲求に負けてついつい食べてしまい、ダイエットに挫折ばかりしてしまう…。そんなあなたに、おすすめの食材や歯の磨き方、顔のツボまで、食欲を抑えるノウハウをお教えします。食欲の秋にも備えて、しっかりチェックしておきましょう。

■Check Point 1.満腹感がつまみ食いを抑えます
お腹がいっぱいだと、空腹を感じることがなく、食べたい欲求を抑えることができます。1時間ごとに水をグラス一杯(250ml)飲みましょう。そうすれば、カロリーや脂肪分を摂ることなく、お腹を満たすことができます。もし物足りなさを感じ、なにか気分転換が必要なら、甘味の入っていない果汁やハーブティー、ジュースを炭酸水で割ったものを飲みましょう。(割合:水2/3、ジュース1/3)。

ワンポイントアドバイス!
全麦を使った製品(パンやクラッカーなど)は、食欲を抑えるのに役立ちます。それらは血糖値の急激な上昇を抑制する効果が期待できるだけでなく、比較的長い時間に渡りエネルギーを供給します。つまり、長く満腹感を感じていられるというわけです。

■Check Point 2.空腹には歯磨きを
もし、激しい空腹に襲われたら?その場合には、歯を磨くか、うがい薬でうがいをしましょう。強いペパーミントの味は甘いものやこってりしたものとは合わないため、食欲が低下します。もし歯磨き粉もうがい薬もない場合には、ペパーミント味のガムやアメがその代わりになります。無糖の製品を選び、あまりたくさん摂取しないように気をつけましょう。過度に摂取してしまうと、効き目がなくなってしまいますよ!

■Check Point 3.指圧で食欲を吹き飛ばす
激しい食欲に対しては、指圧療法も効果的です。ひとさし指を鼻と上唇の間におき、約20秒押してください。それを2回繰り返しましょう。このツボを押すことで脳の食欲中枢を抑制し、激しい食欲を抑えることができます。

■Check Point 4.禁止は激しい食欲を煽る
スリムなボディラインを欲するあまり、甘いものやスナック菓子などを無理に我慢することは得策ではありません。反対に、「禁止」されている食べ物への欲求が高まっていき、いつの日か激しい空腹に抵抗できなくなってしまうのです。そのため、ほどほどに、かつ自覚を持って甘いものを口にしましょう。例えば、チョコレートをひとかけら、ゆっくりと口の中で溶かしてみましょう。それでもまだ甘いものが欲しいときは、果物やシナモンで味を調えたカッテージチーズ、砂糖を加えていないコンポートなどがカロリーを抑えた代替アイテムになります。こってりしたものが欲しくなった場合には、野菜スティックや野菜スープがその欲求を満たしてくれるでしょう。

■Check Point 5.気分転換が効果的
激しい空腹はたいてい急にやってくるもの。そして、実はその大半は数分後には落ち着くものです。その間、うまく気持ちをそらしましょう。ちょっと散歩に出かけたり、親友と電話をしたり。または読書をして息抜きをするのも有効です。

この記事はMyレシピ.comからの提供記事です。

[関連リンク]
■私の連休はちょっとゴージャスに!ペットと私を癒す森林リゾートホテルへ
■出会いの季節。好感度を上げる女子力向上レッスン
■オシャレに差がつく!ストール使いをマスター。
■子どもと一緒に楽しむ! イマドキ社会見学

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング