ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年9月11日 9時0分

写真

ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear

セゾン、極彩。


ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




これ、どうや。
似合うんちゃうか。








うんうん、いいかも。








色味がええよな。
用途も広そうやし。








そうだね。
ブランドどこ?








MITSU…MO…LINE…

なんて読むんや。








あぁ、ミツモリーヌね!!

買いだね。








え、即決?
着いひんの?

何、そんなにスゴいブランドなん?








そうね。

スゴいよ。








そうなんや。

どこらへんが?








まあ、スゴいよ。








いや、だから何がスゴいん?

クリエイティブ・ディレクターが優秀とか?

結構、雑誌とかにも載ってんの?








いや、そういうのじゃなくて。

ていうか、雑誌なんかに載るわけないじゃん。
ああいうテイの良いカタログみたいなものとは、まず相容れないと思うよ。








いやいや、雑誌に対して強い強い。
口ぶりがナチュラルすぎるやろ。
利害でも絡んでんのかいな。








あ!
じゃあさ、今度ショー見に行かない?

ちょうどコレクションやってる時期の匂いだし。
百聞は一見に如かずでしょ。

知り合いに頼めば、ミツモリーヌのインビテーション貰えると思うからさ!








・・・・・








イヤ??








いや、イヤではないけど、“コレクションやってる時期の匂い”ってなんやねん。
春夏と秋冬しかないやろ、普通。

ほんで、レディースなん?








そうだね、生来的には。








生来的には?

ん、メンズも展開してんの?








まあさ。
体感するまでのお楽しみってことでいいんじゃない、そこは。
決して理屈じゃないし。

ブランド、初耳でしょ?








著しくな。
ファッションは詳しい方やと自負してるんやけど、一切聞いたことないな。








じゃあ、いいじゃん!
人生勉強になるよ。








ならへん。
それは、ならへんな。

オマエ、急に一足飛びの幅がエグいときあるで。
だいぶ悪いぞ。








全然あるかも。








自覚しとんのかい。
うすら寒いな、おい。

で、それ、日本でやるん?
ドメスティックブランドじゃないよな。








そうね、東京だと思う。
今回は。








今回は?

なんやねん、それ。
なんや、そのジプシーみたいなノリは。








ね、なんだかんだで、スゴくない?








いや、スゴいっていうかさ。








ホントに楽しみ!

行ってみたいと思ってたんだよねぇ。








・・・・・








Welcome To The Runway │ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear






うわぁ、賑やかだねぇ。
やっぱり人気あるんだぁ。

言っとくけど、ここにいる人たち、相当だよ。
ファッショニスタなんていう範疇に収まらないから。








そんなレベルなんや。
まあ、かなり感度は高いんやろな。

こんだけ大勢にミツモリーヌが知られてるってことにビビるわ。








まあ、感度っていうか、先見性みたいなもんかな。








あぁ、流行を見通す力みたいなもんか。








ちょっと違うね。
ファッションとスタイルって違うから。
スタイルに昇華させないと、何もかも無意味だし。








お、おう。








始まるよ!








・・・・・








来た!








・・・・・






ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




さすがに、カッコいいねぇ。








せやな、渋いな。
ええやん。








ただ、どことなく、キッチュだよね。








まあ、リアルクローズではちょっと難しいかもな。








うん。
私が着ると、華美の押し売りみたいになっちゃいそうだしね。








自分で言うんや、それ。








たいがい、言われる前に言うかな。








・・・・・








・・・・・








・・・・・








・・・・・








ねえ、天気予報、夜は雨降るって言ってたっけ?








・・・・・








ねえ。








え、いや、ずっと曇りのはずや。








そっか。








うん。








・・・・・








あ、このあと、何食べる?








えっと、まあ、和食の気分ちゃう。








いい!
如実にいい!
洋を見てからの和の流れがいい!

お店、目星ついてる?
私、前から気になってるところあってさ。








いやいや。

なあ、おい。

次のヤツ、遅くないか?
次々出てくるもんやろ、こういうキャットウォークって。








え、こんなもんでしょ。
ちゃんとしてっていうのもあるだろうし。








ちゃんとして?








この時間、しっかり考えてねってこともあると思うからさ。
見積もってね的な。
そういう時間を多めに取ってくれてるんだろうね。

まあ、私も初めてだから、詳しくは知らないけど。








見積もってね?








だね、たぶん。
だとしたら、ホスピタリティあるよね。








・・・・・








いや、なあ、MITSUMOLINEって、どこの国のブランドなん?

CELINEみたいな、ヨーロッパのブランドじゃないんか?
“見積もり”って、ゴリゴリの日本語やぞ。








たしかに、そうだよね。

ていうか、そんな話、あとでいいじゃん。
吞みながらの方が生産性も上がるんじゃないかなって。

今は、こっちに集中しようよ。
ふさわしくないから。








オマエの生産性の概念、どうなってんねん。

いや、だから、からっきしやん。
出てこうへんがな。








来た来た!






ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




・・・・・








こっちの方がいいかも!








・・・・・








なるほどねぇ。








おい。

一緒ちゃうんか、あれ。

さっき1人目が着てたアウトフィットと同じやろ。








いや、よく見てよ。
違うから。








いや、一緒やろ。








違うよぉ。








いや、一緒やないか。








いや、サイズも違うし、全然違うでしょ。








いや、サイズは知らんがな。
そりゃモデルの体型も微妙にちゃうやろうから、サイズはちゃうやろが。

デザインが一緒やないか。
あんなサイケ調のイキがったデザイン、視認できひんわけないやろ。








じゃあ聞くけど、デザインって何?








え?








この場合、何をもってして、デザインって言ってる?








おい、小寒いことを言うな。

ちゃんと見い。
明らかに一緒や。








というより、各々で見え方が異なれば、メッセージ性は違うじゃん。
すると、見積もり結果みたいなところも変わってくる。








おいおい、やめろ。

一足飛びのエグみじゃ。
出とるやないか。








ほら、次、来たよ!






ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




・・・・・








・・・・・








そうきたかぁ。








・・・・・








いいじゃん。
ある意味、貫いてる。








いや、ある意味ちゃうな。
おもっくそ貫いてるやん。

一緒やん。
ご丁寧に、越しで並んどるやん。








何が?








いや、何がって、オマエ。








違うでしょ。








ちゃうことないがな。

目にデカいゴミでも入ってんのか?
あ、ちゃんとコンタクトしてる?








いや、私、両目とも視力2.0。

そんなガツガツ卓上の勉強もしてこなかったし、ゲームも乗馬もしてこなかったから。
本は割と読むけど。








乗馬は関係ないやろ。
どういうことやねん。








で、さっきから気になってたんだけど、あの向かいのド派手なマダム風の人、どんだけ有閑なんだろ。
2億ぐらい、くれないかな。
こっちは仕事シャカリキの身体バキバキだっつうの。








いや、おい、乗馬ってなんやねん。








ん?








乗馬。








・・・・・








ヒヒーン。








・・・・・








じゃん。








もうええ、クサみしか残らん。








残らへんで。








残らへんで、ちゃうんじゃ。

都合のええときだけ、関西弁もてあそぶな。
キットカットみたいに使うな、由緒正しい方言を。








・・・・・








ていうか、分かったかも。

このブランド、1ポーズなんか。
そういう世界観でやってて、だから斬新でスゴいっていう評価なんちゃうの?
毎回1ポーズでコレクションやってる感じなんやろ。








そう見るんやったら、そうやね。








うわ、ダルいダルい。
めっちゃダルいやん。
いや、オマエ、標準語仕様のヤツの雰囲気関西弁ほど、ダルいもんないで。
録音したろか?
吐くで。








わ、来ました!!






ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




・・・・・








いいねぇ。
ブレないねぇ。








ブレなさすぎやて。
一緒や。








そうなの?








一緒や!!
どう見ても!!








いや、よく見て。








一緒やて!!








よ~く見てあげて。








一緒やて!!!
寄せては返してるって!!!








はい、次、来ましたよ!!!








ペースめちゃめちゃ早なっとる!!!!

絵に描いたようなスロースターター、ボケ!!!!





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




うっわぁ!
これも、いいなぁ!!








一緒やて!
千代に八千代に一緒やて!!
三三五五ずっとサイケデリックやて!!!








どうして再三、こんなにも同趣の美的センスを体現できるの!!!








引きも切らず一緒やからじゃ!!!
1ポーズでモデルのクセと靴が変わっていってるだけなんじゃ!!!
こんな新機軸な演出って!!!








アリだよ!!!!








しかしながら被りますよぉ!!!!

買ったら買った人の分だけ色とりどりに同然になってしまいますよぉ!!!!

そうして瞬く間にミツモリーヌで染まり上がりますよぉ!!!!

ともすれば新時代の幕開けになり得ますよぉ!!??

ある種のゲテモノですよぉ!!??








よし来たよぉ!!!!

どんどん来るよぉ!!!!





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




腹立つ顔しやがってっつうかメンズやし!?

メンズも一緒やし!?

コンセプトがジェンダーレスやしぃ!!??








次もう来てるよぉ!!!!








グラミーノミニー!!??





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




今にもメロウなバラードが流れてきそうだよぉ!








それはそれでアウトフィット一緒ぉ!

あのグラミー感を抑え込むほどの圧でアウトフィット一緒ぉ!








見積もってぇ!!








紛れもなくアウトフィット一緒ぉ!!

あのグラミー感を凌ぐ次元でアウトフィット一緒ぉ!!








もっとぉ!!





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




一緒でごいすっ!!

そんなもん、ここまできたら一緒じゃなきゃ!!








カラフルにぃ!!!








ひとかたならず一緒でごいすっ!!!

そんなもん、一緒じゃなきゃ辻褄が合わないですからぁ!!!








もっとぉぉ!!!





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




すこぶる澄み切ってるよぉぉぉ!!!








多彩にぃ!!!!








とてつもなく澄み渡ってるよぉぉぉぉ!!!!








もっとぉぉぉ!!!!!





ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




ぅいーーーーーーーー!?

一緒ちゃう!

全然ちゃう!!

からっきしちゃう!!!








ミツモリーーーーヌ!!!








ミ、ミ、ミツモリーヌ!?








ミツモリーヌよっ!!!








ミツモリーヌなのかっ!?








きっとそうよっ!!!

あの方がミツモリーヌよっ!!!








・・・・・








スゴいわー!!!!

人傑そのものよー!!!!








自分が前に出すぎてるぅ!!!!

ME FIRSTがエグすぎるぅ!!!!

崩し方が守破離どころの騒ぎやあらへんでぇ!!!!




ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear




スゴすぎるわー!!!!

これなのよー!!!!

こういう蓋然性なのよー!!!!








座組みがイっちゃってるぅ!!!!!

最低と書いて最高と読ませる的なぁ!!!!!








あなたのその服が欲しいわー!!!!!

私のワードローブに加えさせてー!!!!!








それはアカ~ン!










ミツモリーヌ ¦ MITSUMOLINE 2018 SS Ready-to-Wear
Go, Savoir-Faire.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング