【プレイレポ】一作で終わらせるのはもったいない-クロエ&ナディーンの女性コンビが活躍する『アンチャーテッド 古代神の秘宝』

インサイド / 2017年9月14日 16時0分

【プレイレポ】一作で終わらせるのはもったいない-クロエ&ナディーンの女性コンビが活躍する『アンチャーテッド 古代神の秘宝』

世界をまたにかけるトレジャーハンターのスリリングな冒険を描いた『アンチャーテッド』シリーズの最新作、PS4向けアクションアドベンチャーゲーム『アンチャーテッド 古代神の秘宝』が2017年9月14日にリリースされました。今回は、本作のプレイインプレッションをお届けします。


『アンチャーテッド 古代神の秘宝』は、昨年リリースされたPS4『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の追加エピソードです。メインシナリオだけでなく、同時に『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のオンラインマルチプレイも楽しめる作品です。主人公は、『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』での登場から高い人気を誇る女性トレジャーハンターのクロエ・フレイザー。伝説として語られてきた古代インドの神ガネーシャにまつわる秘宝「ガネーシャの牙」をめぐる物語が描かれます。


交渉上手で秘宝や伝承に関する高い知識を持ち、涼しい目元がクールな印象を与えるクロエですが、無茶なことにも積極的に挑むアグレッシブな女性です。彼女のパートナーは、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』で民間軍事会社を率いてネイトたちの前に立ちはだかったナディーン・ロス。生真面目なナディーンは、マイペースで自由奔放なクロエに振り回されっぱなしで何かと対立していますが、別行動した際はつい心配してしまう優しさも見せていました。序盤から言い争いの絶えない彼女たちですが、お互いに思いを語り合ううちにだんだんと距離が縮まり、ネイトとサムとは異なるタイプのいいコンビへと成長していく姿は必見です。


冒険はにぎやかな川辺りのマーケットからスタート。インド軍とたくましい民衆、増築を繰り返したような入り組んだ集落と古代の遺跡が混じり合った空間で、独特のオリエンタルな雰囲気が漂っていました。一方、反乱軍の拠点付近では夜の闇にまぎれての潜入ということもあり、強面の兵士に尋問されたり、急かされながら鍵開けをするなど緊張感がありました。


秘境探検では、ジープを使ってのワイドリニアなエリア探索が行えました。滝の裏を通ったり、木のトンネルを抜けたり、フラミンゴの集まる浅い湖を訪れたり。人の手が介在しない豊かな大自然で、地図をたよりに縦横無尽に駆け回れるのはトレジャーハンターの醍醐味といえるでしょう。緑と光のコントラストも美しく、コウモリや蝶など生き物もたくさん見られるので、時にはお宝を忘れてドライブしてみるのもいいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インサイド

トピックスRSS

ランキング