『FGO』アナスタシアはなぜ英霊となったのか?史実から考える【ネタバレ有】

インサイド / 2018年4月17日 12時0分

『FGO』アナスタシアはなぜ英霊となったのか?史実から考える【ネタバレ有】

※本編のネタバレにご注意ください。
※本記事はあくまで当編集部による考察に過ぎません。

4月4日よりiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』では待望の第二部第1章「Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア 獣国の皇女」がスタートしました。2018年1月に、カルデア壊滅という衝撃の展開が描かれてから三ヶ月。この日を待ちかねたというファンも多いはずです。


序章の後、CMなどで次々と二部を彩る新マスターとサーヴァントたちが紹介されていますが、中でも気になるのが、冷気を伴いカルデアを襲撃し、数多の職員もろとも壊滅に追いやったサーヴァント、アナスタシア。彼女の本名は、アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァであることが、“AnimeJapan 2018”で明かされました。


さてアナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァと言えば、帝政ロシア最後の皇帝、ニコライ二世の四女にして、ロシア革命にて命を落としたとされる人物です。この記事ではわずか17歳にてその命を散らした彼女が、いつ生まれ、どのように生きて死んでいったのか。そして彼女の死後に巻き起こった、アナスタシアという名を元に沸き起こった騒動について、簡単に書かせてもらおうと思います。何故、彼女は英霊となりうる資格を得たのでしょうか?

ロシア帝国最後の皇女、アナスタシア
皇女アナスタシアは1901年に、父親であるニコライ二世と母親であるアレクサンドラ・フョードロヴナ皇后の間の四女として生まれました。なお、ニコライ二世は訪日中に警察官に斬りかかられ負傷するという、世に言う大津事件の被害者です。

ニコライ二世。カメラを趣味にしており、多くの家族写真を残した。(写真はwikipediaより)
それはさておき、幼い頃のアナスタシアは、上の3人の姉、オリガ、タチアナ、マリアと仲がよく、ほとんど一緒に行動しておりました。特にすぐ上の姉、マリアとは寝室を一緒に使うほど仲が良かったそうです。四女ということもあり、あまり注目を浴びる存在ではなかったようですが、アナスタシアの幼馴染は「いつも元気がありあまっていて。じっとしているのが嫌い」な少女だったと証言しています。

1914年ごろのアナスタシア(写真はwikipediaより)
そんなアナスタシアにはアレクセイという名の3つ下の弟がいました。革命さえ起こらず、無事に成人していれば、将来ロシア皇帝を継ぐはずだった人物です。アナスタシアはアレクセイとはとても仲がよく、言葉を交わさずとも意思疎通ができたと言われています。

インサイド

トピックスRSS

ランキング