寺田倉庫、“過去の恋愛”を預かるサービス開始--ラブレターは肉声で保管

インターネットコム / 2014年4月14日 16時10分

写真

寺田倉庫、“過去の恋愛”を預かるサービス開始--ラブレターは肉声で保管

寺田倉庫は、オンライン収納サービス「minikura(ミニクラ)」において、昔の恋人との大切な思い出の品を保管するサービス「minikuLOVE(ミニクラヴ) 元カレ BOX・元カノ BOX」の提供を4月14日より開始した。

minikuLOVE は、ラブレターや写真、アクセサリーなど昔の恋人との思い出の品をダンボール1箱から保管してくれるサービス。預け入れ品は同社のスタッフが撮影してリスト化し、ユーザー専用の Web 管理ページに掲出してくれるため、思い出の品を誰にも気づかれることなく管理できるという。

また、プロの声優がラブレターを代読して音声保存できる「ラブレター肉声化システム」(有料オプション)や、思い出の品を価格査定できる「愛情価格化システム」などの各種機能も搭載。minikura と同様、預け入れ品をそのままオークションサービス「ヤフオク!」へ出品することもできるそうだ。

利用方法は、Web サイト上で専用のダンボールを注文し、アイテムを詰めて発送するだけ。月額利用料は1箱250円(税込)。1箱に最大30点、20kg まで保管可能。取り出しの際は別途送料が必要とのこと。

同社は、2012年より minikura を通して培ってきた“大切なもの”の保管ノウハウや機能を活用しながら、「恋愛(LOVE)」を切り口としたより専門性の高いサービスを提供するとしている。誰もが1つは持っている昔の恋人との思い出の品を「恋愛残留物」と称し、サービス開始を記念した Twitter キャンペーンでは恋愛残留物の“タレこみ情報”も募集するそうだ。

なお、昨年にはアニメグッズを販売するアニメイトと協業し、minikura の機能(API)を活用した「アニメイトコレクション」も開始しており、今後も多くの企業・個人とのコラボレーションサービスを展開していく予定とのこと。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング