自作スタンプを販売できる「LINE Creators Market」、登録受付スタート

インターネットコム / 2014年4月17日 21時0分

写真

自作スタンプを販売できる「LINE Creators Market」、登録受付スタート

LINE は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」用にデザインしたオリジナルのスタンプを販売できるサービス「LINE Creators Market(クリエイターズマーケット)」において、クリエイターおよびスタンプの登録受付を開始した。LINE アカウントがあれば企業/個人を問わず登録できる。

スタンプは40種類を1セットとして販売可能。ガイドラインに従い PNG 形式で作成したスタンプ画像と指定のテキスト、クリエイター情報を LINE Creators Market サイト上から登録する。

LINE は、著作権や肖像権を侵害していないかなどのスタンプ審査を順次実施。審査を通過したスタンプの発売は5月以降を予定している。スタンプは日本・タイ・台湾・インドネシアで展開する「LINE ウェブストア」にて1セット100円で販売し、クリエイターには売上のうち50%を支払う。

同社は今後、LINE ウェブストアの対応国を順次拡大する方針。将来的には、世界4億人の LINE ユーザーに向けてスタンプが販売できるようになるかもしれない。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング