ネットワールドが IE6 互換ブラウザを独自開発、既存 Web アプリを救済

インターネットコム / 2014年4月24日 19時30分

写真

ネットワールドが IE6 互換ブラウザを独自開発、既存 Web アプリを救済

IT インフラ ソリューションのネットワールドは、サポートが終了した Windows XP で稼働する「Internet Explorer(IE)6」向けに開発された Web アプリケーションを、Windows 7/8で 動作できるようにする IE6 互換ブラウザ「LIBRA」(ライブラ)を開発、5月下旬から無償で配布する。

LIBRA により、Microsoft のライセンス規約に抵触せずに、既存の Web アプリケーションを継続して利用できるようになるとのことだ。

また、ネットワールドは、LIBRA を含めたアプリケーション仮想化ツール「VMware ThinApp」による、Windows XP からのアプリケーション移行支援サービスを強化する。

4月に Windows XP のサポートが終了したが、Microsoft は、同一 OS での複数バージョンの IE 稼働を許諾していないため、Windows 7/8 で IE6 を使用した Web アプリケーションは利用できない。

LIBRA は、IE のレンダリングエンジンやコンポーネントを使用して互換性を維持しており、IE6 そのものを利用しない状態でアプリケーションを動作させるため、Microsoft の許諾内で、新 OS 環境上でも IE6 向けアプリケーションを継続して使用できる。

従来は、Windows アプリケーションと、動作に必要なレジストリ情報やシステムファイルを合わせてカプセル化するアプリケーション仮想化技術により、単一の OS のみでしか動作しないアプリケーションを、異なる OS 上で動作させるようにできる VMware ThinApp を使用した新 OS 環境にアプリケーションを移行するソリューションが求められていた。

しかし、OS と切り離して IE6 をカプセル化することを Microsoft は許諾していないため、VMware ThinApp による IE6 向け Web アプリケーションのパッケージング利用で、エンドユーザー側の課題は解決できないままとなっていた。

ネットワールドが LIBRA を開発したことで、VMware ThinApp によるアプリケーション仮想化支援サービスの拡充が可能になった。

LIBRA は、OS ネイティブの IE のコンポーネントを用いた Web ブラウザ。IE6 と同様の振る舞いをする。Windows 7/8 で動作できる(ライセンス許諾観点も含む)IE のレンダリングエンジンを利用し、同時に IE が持つ互換モードを利用し、IE6 でしか動作しないアプリケーションが動作できるようにする。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング