最速0.3秒!きびきびした AF が使いやすいハイスペックスマホ「GALAXY S5」レビュー

インターネットコム / 2014年5月15日 17時20分

写真

最速0.3秒!きびきびした AF が使いやすいハイスペックスマホ「GALAXY S5」レビュー

NTT ドコモと KDDI(au)が5月15日に発売した Android スマートフォン「GALAXY S5」。スピーディな撮影ができるカメラと、シリーズ初の防水/防塵(ぼうじん)仕様が特徴だが、その実際の使い勝手はどうか。ドコモ版の実機ハンズオンレビューを掲載する。

■この夏の目玉となる高性能機

「GALAXY」シリーズの最新モデル GALAXY S5 は、ドコモ、au の双方にとって今夏、目玉の1つとなる高性能機だ。

スペックを振り返ると、まずディスプレイは5.1型 FHD(1,080×1,920ドット)、432ppi の有機 EL。従来モデル GALAXY S4 の解像度はそのままに画面サイズを若干大きくしており、手にとると広々と見やすく、いっそうファブレットに近づいた印象だ。

背面カメラは従来モデル S4 の約1,320万画素から約1,600万画素に向上した。ただし高精細化よりも、すばやいオートフォーカス(AF)などで使い勝手が一層突き詰められた点が目を引く。

OS は Android 4.4.2。CPU はクアッドコアで、動作周波数は従来モデル S4 の1.9GHz から 2.5GHz に変更した。メモリー(RAM)容量は 2GB、ストレージ容量は 32GB。容量 128GB までの microSDXC カードを挿入できるスロットも付いている。

バッテリーはより大容量化され、LTE 利用時の連続待受時間が360時間から440時間に伸びた。本体の重さは 147g。

au、ドコモ版ともに下り最大 150Mbps の LTE サービスを利用できるほか、無線 LAN(Wi-Fi)と組み合わせたハイブリッドダウンロードで高速な通信が可能だ。

高級感を打ち出しつつも親しみやすい外見で、ドットデザインの背面は持ってみるとこころよい感触。また、防水/防塵性に加え、新しいガジェットとして指紋認証機能や心拍センサーがついている。ワンセグ、おサイフケータイも使える。

■きびきびしたカメラのオートフォーカス

GALAXY S5 はカメラを向けてから最速「0.3秒」での AF をうりにしている。これは従来モデルに比べ3倍強の早さだ。

実際、カメラを起動して被写体に向けると、画面には瞬時に AF を示す緑の輪があらわれた。カメラの向きをわずかに動かすだけで、間髪を入れずにまたフォーカスを合わせ直す。これなら被写体がいそがしく動いている場合も追随しやすい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング