企業ユーザーが Surface Pro 3 を購入すべき10の理由

インターネットコム / 2014年5月21日 16時0分

写真

企業ユーザーが Surface Pro 3 を購入すべき10の理由

5月20日、米国 Microsoft はビジネス向けタブレット「Surface Pro 3」を公表した。残念ながら、噂されていた「Surface mini」は今回の発表に間に合わなかったようだ。だが、Surface Pro 3 は、企業ユーザーがノート PC の代わりに業務で利用できるタブレットに仕上がっている。

Surface Pro 3 の画面サイズは12インチ。これは10.6インチだった前モデルからの目立った変化だ。解像度は2,160 x 1,440 ピクセル。アスペクト比は、これまでの16:9 から3:2に変更された。Microsoft によれば、この画面サイズとアスペクト比は、ビジネスアプリの利用や Web ブラウズに適したサイズだという。

画面サイズが大きくなったのにも関わらず、Surface Pro 3 の厚さは9.1mm で、重さは800g。Surface Pro 2 の厚さが13.5mm で重さが907g だったことを考えれば、かなりの薄型化、軽量化に成功していると言えるだろう。

プロセッサとしては第4世代の Intel Core プロセッサ「Haswell」を採用。Core i3、i5、i7 から、必要に応じて選択可能としている。

Surface Pro 3 は、企業ユーザーによる利用に適したタブレットだ。以下に、Surface 3 Pro のファーストインプレッションをお届けしよう。

1. ペン入力

Surface Pro 発表イベントで最も劇的だったのは、Panay 氏が付属のスタイラスペンのノックキャップをカチッと押したときだ。これだけで、Surface Pro の画面には、OneNote が表示され、メモが取れる状態になった。

Bluetooth 対応のスタイラスペンは、触り心地が上質で使いやすく、デジタルメモを取るのには最適なツールだ。

2. OneNote

Microsoft のメモアプリ「OneNote」は、Surface Pro 3 と深く統合している。正確なペン入力性能を持つスタイラスと、入力をすぐにクラウドに同期できる OneNote の組み合わせは、紙のメモが不要になるほどの使いやすさを提供する。

移動時などには、キーボードを利用できないケースもあるだろう。そのような場合、スタイラスペンと OneNote の組み合わせは、力強い代替入力手段を提供できる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング