おもしろすぎる--ベンツとスーパーマリオまさかのコラボ、コンパクト SUV「GLA」の CM で

インターネットコム / 2014年5月30日 13時0分

写真

おもしろすぎる--ベンツとスーパーマリオまさかのコラボ、コンパクトSUV「GLA」のCMで

ドイツの高級車ブランドとして知られる Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)が、コンパクト SUV 「新型 GLA クラス」の CM で、往年の人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」とコラボレーションを行った。特設サイトから鑑賞できる。異色のとりあわせだが、同社は以前から日本のサブカルチャーを好んでいる。
 
■ドイツの高級車ブランドが見せる、親しみやすい顔

メルセデス・ベンツといえば高品質、高級なドイツ車というのが一般的な印象だが、近頃は、インターネットなどを通じて親しみやすい顔を見せている。

アニメ好きなら、同社が 2012年に YouTube で公開した短編作品「NEXT A-Class」を覚えている人も少なくないだろう。貞本義行氏によるキャラクターデザインで、プロダクション I.G が制作にたずさわり、できばえのよさは多くの人をうならせた。

そして今度はゲームだ。任天堂の往年の名作であるスーパーマリオブラザーズ。1985年の発売以来、実に沢山の子ども、そして大人が遊んできた。ドット画像で構成するグラフィックは今見ればなつかしさを掻き立てられるが、これを新型コンパクト SUV の CM に起用したというのが面白い。

■マリオへの愛が伝わる CM

CM の内容は、GLA に乗り込んだゲームの主人公マリオが、次々に敵のクリボーを踏んで倒し、ブロックをこわし、コインを取り、高々とジャンプしてゴールを飛び越えるというもの。

 

一度でもスーパーマリオブラザーズで遊んだことのある人なら、見ているだけでうずうずしてくるだろう。メルセデス・ベンツはゲームの楽しさ、醍醐味をよく知っていて、それを巧みに GLA の俊敏性、走破性を宣伝するのに利用している。途中からリアルな映像に切り替わるところも躍動感がある。

ところでオチを明かすと、最後に車からさっそうと降り立ったマリオが、うっかりクリボーにぶつかってしまい、ゲームオーバーの効果音が流れて終了となるのだが、このあたりも実際のゲームをほうふつとさせる。マリオがクリボーに軽く触れるだけでゲームオーバーになってしまった時のやるせなさが、うまくとらえられている。

■「マリオカート」にも参戦

さらにメルセデス・ベンツは、任天堂の据え置きゲーム機「Wii U」向け新タイトル「マリオカート8」に「GLA カート」を参戦させる。マリオカートシリーズに、実在するモデルが登場するのは初めてだという。
 

GLA カートはマリオカート8の追加コンテンツとして今夏にもインターネットを介し無料配信が始まる。さらに GLA カートを使ったマリオカート大会も今秋開催予定。

これに先立ち、東京ミッドタウンにあるメルセデス・ベンツの店舗「Mercedes me」では、2階のラウンジに、6月8日までの期間限定でマリオカート8を遊べるコーナーを設ける。

こうしたコラボレーションにおけるメルセデス・ベンツの狙いは、より若い世代を顧客として開拓していくところにあると見られるが、一方で日本が育んだゲーム、アニメ文化への強い共感と理解もまた伝わってくる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング