日経ビジネス、電子版の契約で「iPad mini Retina」が入手できるキャンペーン、先着2,000人

インターネットコム / 2014年6月3日 13時0分

写真

日経ビジネス、電子版の契約で「iPad mini Retina」が入手できるキャンペーン、先着2000人

日経 BP は、iPad が好きだ。発行する電子雑誌が、あの美しいタブレットで読まれることに喜びを感じるらしい。同社が6月に始めた「新戦力応援キャンペーン」では、「日経ビジネス Digital」の定期購読を新たに契約した先着2,000人が iPad mini Retina ディスプレイモデルを入手できる。

日経ビジネス Digital は、日経 BP の週刊誌「日経ビジネス」の電子版で、2011年に開始。日経ビジネスが掲載している経済、経営関連の記事を、PC やスマートフォン、タブレットから読める。

最近の特集を見ると、「シリコンバレー4.0 変貌する革新の聖地」「ビットコイン 国家に突きつけた挑戦状」など、注目のテクノロジーにからむ内容も多く、興味をそそる。

日経ビジネス Digital にはもともと Web サイトがあったが、2013年には iPad 専用のアプリケーションも利用可能になった。日経ビジネスの誌面そのままの見やすいレイアウトに加え、同誌の発行日である月曜日より早く金曜日午前に最新号を丸ごと読めるのが特徴だ。またバックナンバーを保存し、いつでも参照できる。

日経 BP は新たなキャンペーンの中で、iPad mini Retina でこのアプリを存分に利用してほしいと訴えている。応募を見込んでいるのは、新入社員や、転職、昇進、社内異動により新天地で働くことになった会社員、就職活動中の学生などだ。

先着2,000人が入手できる iPad mini Retina は、ストレージ容量 16GB のモデルで、カラーは「シルバー」。キャンペーンには7月末まで申し込み可能で、2,000人に達した時点で受付終了となる。

なお、キャンペーン適用時の購読料金は月額2,400円(税込、以下同じ)で、25か月の継続が条件だ。

参考までに、日経ビジネスは1号690円で、年間50号発行する。定期購読料金は通常、年額2万4,500円。日経ビジネス Digital の定期購読料金も同額だ。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング