PFU、世界最軽量のバッテリ内蔵/ Wi-Fi 対応 A4 モバイル スキャナ「ScanSnap iX100」

インターネットコム / 2014年6月10日 12時30分

写真

PFU、世界最軽量のバッテリ内蔵/ Wi-Fi 対応 A4 モバイル スキャナ「ScanSnap iX100」

PFU は、ドキュメント スキャナ「ScanSnap」シリーズの新モデルとして、バッテリ駆動で持ち歩いて利用可能なうえ、無線 LAN(Wi-Fi)を介してパソコンのほかスマートフォン/タブレットでもスキャンできるモバイル スキャナ「ScanSnap iX100(FI-IX100)」を6月20日に発売する。重さは 400g で、バッテリ内蔵/Wi-Fi 対応の A4 シート フィード スキャナとしては世界最軽量という。価格はオープンだが、直販サイト「PFU ダイレクト」での税込み販売価格は2万2,800円。

ScanSnap iX100 は、内蔵バッテリで動くため使用場所を選ばず、持ち歩いて使いやすい。A4 カラー原稿を片面 300dpi でスキャンする場合、260枚の読み取りが可能という。A4 カラー 200/300dpi スキャンに必要な読み取り時間は5.2秒で、バッテリ/Wi-Fi 対応 A4 シート フィード スキャナのなかで世界最速としている。カラー/グレー 600dpi スキャン時の読み取り時間は20.4秒。

Wi-Fi 対応で、Windows/Mac OS パソコンだけでなく、Android/iOS を搭載するスマートフォンおよびタブレットでスキャンを指示して画像を取り込める。また、Wi-Fi 接続方式はアクセスポイント経由とダイレクト接続(アドホック接続)を環境に応じて自動切り替えするので、意識せず持ち歩いてすぐに使える。

同クラスの最新類似モデルキヤノン「imageFORMULA DR-P208II」と比較すると、ScanSnap iX100 は両面スキャン/ADF 機構をあえて搭載しないことでコンパクトさと軽量性を追求したといえる。具体的には、ScanSnap iX100 の場合サイズが幅273×奥行き47.5×高さ 36mm、重さが 400g となり、imageFORMULA DR-P208II の幅312.5×奥行き56.5×高さ 40mm、重さ約 600g と比べ小振りで軽い。

スキャンする用紙の搬送経路(パス)は、手前から給紙して奥へ排紙する「ストレートパス」と、手前から給紙して手前に排紙する「U ターンパス」が選択可能。ストレートパスでは、一般的な薄い用紙のほか、名刺や葉書などの厚紙、クレジットカードのような硬いプラスチック カードが読み取れる。U ターンパスはオフィス用紙しか通せないが奥へ排紙する必要がないため、新幹線のテーブルなど背面にスペースの限られる場所でもスキャンできる。

そのほかに便利な機能としては、A3 など大きな用紙を半分に折って2回スキャンすることで、元のサイズの画像に自動合成する機能、名刺やレシートなどの小さな原稿を次々と連続スキャンさせて1枚ごとの個別画像を自動生成する「デュアルスキャン」を備える。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング