シチズン アテッサ 2014年春夏モデルが販売開始--ふたつの世界を動かす「ダブルダイレクトフライト」機能搭載

インターネットコム / 2014年6月12日 11時0分

写真

シチズン アテッサ 2014年春夏モデルが販売開始--ふたつの世界を動かす「ダブルダイレクトフライト」機能搭載

シチズン時計は、メンズ主力ブランド「シチズン アテッサ(ATTESA)」の新作として、「ダブルダイレクトフライト」機能を搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計2モデル「AT9044-51E」と「AT9045-58E」を6月12日から販売する。
 
「シチズン」は、“技術と美の融合”をプロダクトポリシーに掲げる時計ブランド。軽くて錆びにくく肌に優しいという素材「チタニウム」や、優れた耐久性を実現する独自の加工技術などを採用しており、根強いファンも多い。「シチズン アテッサ」はその中でも、“グローバルに活躍するビジネスマンのサポート”をテーマに展開している。

今回発売する2モデルは、世界26都市の時刻とカレンダーに対応したワールドタイム機能「ダブルダイレクトフライト」を搭載。“りゅうず”のみの簡単な操作で、メインタイムとローカルタイムに設定した2つの都市時刻を同時に表示できる。協定世界時(UTC)からの時差も表示するため、タイムゾーン別の時差修正が分かりやすくなった。

 
ケースとバンドの素材にはチタニウムを採用。シチズン独自の表面硬化技術「デュラテクト」「デュラテクト DLC」を施しているため、キズに強く、いつまでも美しい輝きを保つという。またベゼルには、ダイヤモンドに次ぐ硬度をもち、透明感にも優れたサファイアガラスを採用しており、独特の輝きと艶感があるダイナミックなデザインになったそうだ。

太陽や室内の光を電気エネルギーに換えて時計を動かし、余った電気は二次電池に蓄える「エコ・ドライブ」機能を搭載しているため、定期的な電池交換は不要。世界4エリア(日中米欧)の標準電波を高感度受信し、磁気や衝撃による誤作動を防ぐ「パーフェックスマルチ3000」などの機能も搭載している。

価格はシルバーモデルの「AT9044-51E」が20万円(税抜)、ブラックモデルの「AT9045-58E」が23万円(税抜)。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング