なぜかなつかしい…ミラーレス一眼「α5000」の公式 YouTube 動画は記憶がときめく恋愛 SLG 風

インターネットコム / 2014年6月20日 18時0分

写真

行き先はユーザーが選べる

「そういえば恋愛シミュレーションゲームで北海道に就学旅行したな」と見ていてなつかしくなるのが、ソニーが公開したミラーレス一眼カメラ「α5000」の公式 YouTube 動画だ。同カメラを手にしたタレントの筧美和子さんと世界遺産・知床を旅する内容で、途中の選択肢から視聴者が行き先を決められる。

■「クマ、出るんですか…?」

この YouTube 動画では、α5000 を手にした筧さんが知床をめぐり、さまざまな名所で写真を撮影しながら、感じたことを画面越しに語りかけてくる。視聴者はまるで一緒に旅をしているかのような気持ちになる。

動画の再生を始めると、まず筧さんが「え!?クマ出るんですか…?」と不安げに、しかし旅への期待感を見せつつ話しかけてくる。さっそく相手を安心させるような返事をしたくなるが、ここでは画面に選択肢はあらわれないので、まず自分の気持ちを落ち着かせる必要がある。

ちなみに知床は実際ヒグマの生息地だが、動画中には登場しない。かつてゲームで「キラーヒグマ」と戦った人もそのことは忘れ、動画の続きを見よう。

動画が進んでいくと、「フレペの絶景(フレペの滝)」「知床の動物たち(知床国立公園)」「オシンコシンの滝」の3つから、筧さんと一緒に行く場所が選べる。YouTube の動画内リンク機能を上手に使ったしかけだ。

■選択肢:フレペの絶景

フレペの滝は、山から海へと直接水が流れ落ちる断崖。目の前に広がる絶景に感動した筧さんが撮影に没頭する姿が見られる。α5000 の機能紹介も兼ね、被写体に合わせて効果を選ぶ「ピクチャーエフェクト」を試し、さまざまな表情の写真を撮影できたことに得意気なようすだ。
 

イラストのような感じを出す「ポスタリゼーション」、柔らかな雰囲気にする「ソフトハイキー」、ジオラマのような写真にできる「ミニチュア」などを巧みに駆使している。

■選択肢:知床の動物たち

知床国立公園は、原生林内、湖、海などを含む広大な地域だが、その中でも、筧さんはエゾシカがのんびり草を食む一角を訪れる。

静かにゆっくりシカに近付いて、カメラを構えて撮影。被写体を引き立たせるため、ここでは「背景ぼかし」を利用する。ぼけ味の効いた写真のできばえににやりとする筧さんの表情も見られる。

また、α5000 から近距離無線通信技術である NFC で、スマートフォンに撮影した写真を転送する、という使い方も紹介している。

■選択肢:オシンコシンの滝

オシンコシンの滝は断崖絶壁が続く海岸沿いにあり、巨大さで知られる。筧さんは滝を背にした自分撮り撮影に挑戦。α5000 と連携させたスマートフォンを使って画面を見ながら離れた場所でシャッターを切れる「スマートリモコン」機能を使っている。

なお、ソニーは旅の写真などを、Twitter、Instagram それぞれの公式アカウントで公開している。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング