「格安スマホ」認知度は60%、利用者は2%だけ−ビッグローブが調査

インターネットコム / 2014年6月20日 19時30分

写真

「格安スマホ」認知度は60%、利用者は2%だけ−ビッグローブが調査

ビッグローブ(BIGLOBE)は、「格安スマートフォン」に関するアンケート調査を実施した。格安スマートフォンとは、携帯電話会社ではなく、イオンやビックカメラ、freebit、BIGLOBE などさまざまな業者が提供するスマートフォン。SIM ロックフリー端末とも呼ばれる。携帯電話会社が提供する一般的なスマートフォンよりも安く利用できる特徴を持つ。

今回のアンケートによると、格安スマホの認知度は58.7%、利用者は1.7%。未使用者が格安スマートフォンの説明を受けると、今後利用していきたいと36.9%が答えたという。また格安スマートフォンを選ぶ際に重要視するポイントとして、「月額利用料金の安さ」「現在の電話番号が引き継げる」などがあげられた。

また利用している52人に、格安スマートフォンを利用することで、従来持っていたフィーチャーフォンやスマートフォンの月々の費用がどれくらい節約できたか聞いたところ、以下のような結果となった。

格安スマートフォン未使用者で今後利用意向があると答えた人1,207人に、重要視するポイントを聞いたところ、「月額利用料金の安さ」が最も高く、次いで「現在の電話番号が引き継げる」「音声通話が可能」「通信速度の速さ」となった。

同アンケート調査は、インターネット調査パネルを活用し、2014年6月6日から8日に実施されたもので、3,098件の有効回答が集まった。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング